« 追善能(その2)「隅田川」 | トップページ | 「ゆめはるか吉屋信子」 »

2005.04.07

追善能(その3)舞囃子

ooborigaikei
能楽堂の入り口。
こういう写真になってしまう。
行った記念にしようと思うから。


舞囃子3番

「経政」(喜多流なのでこの表記)
大鼓は10歳の孝則くん。
可愛らしい掛け声と済んだ音色。

気になって、気になって、
彼ばかり見ていた。

とっても立派な舞台でした。

「絵馬」の大鼓は白坂保行さん、
渋い音。(信行さんはやや華やか)
ツレの多久島さんのお能をこの間みたばかり。

神様ものは慣れてないけど、
岩戸の神話なのでついて行くことができた。

「松風」
幸運にもこのお能も今年に入ってから見たので、
光博さんの大鼓、小鼓と笛とぴったり合って、
「カーン」とよく響いている。
シテの鷹尾さんの舞、
大柄な体つきなのにしなやかで、軽々として見えて、

「松風ばかりが残る」最後はさびさびと終わる。
こんな舞は初めて。

わたしが見ている番数はごく僅か。
地域も限られている。

もっと出会いたい。
新しい音や舞や謡に!
(時間と体力、そのほか(笑)に限界があるが)

柿原志さんには5月に会える。(「安宅」で)
この会の印象を、
覚えていよう。
どんな大鼓になるのかしら?

|

« 追善能(その2)「隅田川」 | トップページ | 「ゆめはるか吉屋信子」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78456/3604643

この記事へのトラックバック一覧です: 追善能(その3)舞囃子:

« 追善能(その2)「隅田川」 | トップページ | 「ゆめはるか吉屋信子」 »