« 奈良一日(ひとひ) | トップページ | うつり舞…「井筒」 »

2006.06.20

まことに面白き囃子の音・せぬひま公演

お囃子の調べが最近もっと好きになりつつある。
ユニット「せぬひま」は初回に観てとても気に入った。
今回は三回目。
笛方さんが三人で、
それぞれの流儀を聞かせてくださる趣向だ。
お囃子が中心だから、仕舞ではなくて舞囃子になる。
お能の緊張感はないが、
心地よい調べと、颯颯とした舞の取り合わせは楽しい。

場所はいつもの大江能楽堂、駅からは多少時間がかかるが、
自宅からはとても行きやすい場所で、
楽々と家事をこなして出かけられるのはありがたい。
古び方もなかなかのもので、雰囲気のある能楽堂。
音響もいつも良いなあと感心する。

残念なことも少し。
座席が桟敷席中心なのだ。
“桟敷に座布団”はクラシックだが、
こちらの足が保たない。
正座できる時間は長くなったが、最長で1時間半が私の限界。
今回はしっかり2時間かかったので、
接骨院でマッサージしてもらうはめになった。

もうひとつ、トイレの数が少ない。
昔ながらの建て方なので、仕方ないのだけれど、
満員だと、休憩時間中に用を足すのは、困難だ。
我慢するか、あきらめてしばらく、ロビーで
演目の切れ目を待つしかないのである。
(我慢できなかったせいで、千五郎さんの語、「文蔵」を
見そびれてしまって、口惜しい。)

舞囃子が三番
「融」舞は 浦田保親さん
早舞であるが、驚くほど速い。すべるように切れよく
舞台を隅から隅まで使っての舞だ。
保親さんの舞はいつも楽しいがこの「融」も同じだった。
お囃子も力強く、太鼓も入って、生き生きとしていた。

「夕顔」こちらは片山九郎右衛門さん。
お能にはなかなか出会えないので、この舞囃子を楽しみに
していた。仕舞は年初の「謡初」で拝見している。
「夕顔」は源氏物語の中の登場人物で、「半蔀」でも主人公である。
はかなげな感じがする夕顔を、九郎右衛門さんは
遅く、ゆるやかに、じっくりと舞われる。
気品の高さはさすがである。

三つめ、最後の演目は
「猩々乱」で舞手はふたり。
味方玄さんと味方團さんだ。
ご兄弟の相舞は、さぞぴったりだろうと楽しみだった。
こんなに予想が当たることはめったにない。
酒好きな妖(あやかし)、お能では赤い髪と
ほんわりした面で、短いがめでたい曲だ。
美しく型の決まる兄の玄さんと、
こまやかに生真面目に連れ舞う團さん。
ゆったりした波が寄せては返すさまに似て、
最高の纏まりだった。

笛方さんの競演は「獅子」
一噌さんの超絶技巧の音色のあとには
規矩正しい森田さんの笛。
耳慣れているだけに「ああ、“獅子”だなあ」と
体が納得する。
最後に藤田さんが勇壮にかつ軽やかに流儀の曲を
なさった。
笛を置かれておっしゃるには
「三人一緒に出てきて、もう一度“獅子”を吹きます。
どこが違うか聞き比べてみてください」
ほうほう、これはすごいアンコールだわ、と
会場から拍手が起こる。

そして始まった三人の獅子。
一緒に聞くとなおなおわかる。
同じ曲だとは思えないくらいに違う。
能楽堂の中は飛び交う笛の音色でいっぱいになる。

来年ももう予定が決まっているそうで
次は関東の囃子方グループ「神遊」との共演らしい。
「共」演であれ、「競」演であれ、
生きのいい楽の音色が身近で聞けるのはありがたい。
手帳のメモ欄に日時を控えて、
来年の運勢がよいように、祈っておこう。

平成十八年六月九日(金)大江能楽堂
  午後七時から九時二十分(三十分延長となった)
「せぬひま」第三回公演
舞囃子「融」 浦田 保親
     笛 森田 保美
    太鼓 前川 光範
一管 「獅子」一噌 幸弘
    〃  森田 保美
    〃  藤田 六郎兵衛
狂言語「文蔵」茂山 千五郎
舞囃子「夕顔」片山 九郎右衛門
     笛 藤田 六郎兵衛
  「猩々乱」味方 玄、味方 團

小鼓:吉坂 一郎 大鼓:河村 大

地謡:河村 和重 味方 玄 味方 團 浦田 保親

|

« 奈良一日(ひとひ) | トップページ | うつり舞…「井筒」 »

コメント

はじめまして BACKYARDといいます。先日から ブログ ちょくちょくお邪魔させていただいております。
とても詳しく感想を書いておられて わかりやすいです。
京都におすまいなのですか?横浜まで 友枝さんみにいらっしゃつたり すごい バイタリティーですねぇ・・・感心しております。
味方玄さんは よく拝見しに 京都までお伺いしておりましたが、今年はまだです。 残念 見逃してしまいました。今度 片山九郎右衛門さんのお能が大槻であるのでぜひ拝見しようと思っております。初めて拝見したのは 実盛でちょつと むつかしかったですから・・・

投稿: BACKYARD | 2006.06.30 11:47

いらっしゃいませ。
お能を見始めてやっと三年経ちました。
まだわからないことだらけです。
わかりやすい、と言ってくださって嬉しいです。

七月に観世会館で味方さんのお能があります。
なんとしてでも行きたいです。

東のほうにも時折でかけますが、
バイタリティを発揮したあとは、いつも
くたびれてよれよれです(笑)
またBACKYARDさんのブログにもお伺いいたします~

投稿: korima | 2006.07.02 20:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78456/10610119

この記事へのトラックバック一覧です: まことに面白き囃子の音・せぬひま公演:

« 奈良一日(ひとひ) | トップページ | うつり舞…「井筒」 »