« しっかりした敵討ち・「望月」・TTR能 | トップページ | 鵜飼~鵜舟を弘誓の船となし »

2006.07.30

青ざめた龍女…「海士」・片山定期能

並んでいる人の列が長く伸びたので
観世会館は定刻より早めに扉が開いた
この日観たのは片山定期能である。
片山清司さんと味方玄さんが
それぞれシテをなさるので、
見所は大入り満員だった。
すぐに二階の正面席も人で埋まる。

まず清司さんの「頼政」。
旅僧を呼ぶときの声が深々として凄みがある。
それなのに橋がかりに見えた姿は
いとも清げな小柄な老人だった。
ややなで肩の線がきれいな曲線を描いている。
年も姿も仮のものであるとはっきりとわかる。

前場はさらさらと過ぎる。
平等院に僧をともなう老人は、
僧の問いに答えて、
過ぎし日の「宮戦」について語り始める。
「扇の芝」にまつわる話のあと、老人は真の名を
僧に告げ、ふっと草むらに消えてしまう。

ここまではすべて、後場への布石である。
小鼓の吉坂さん、大鼓の山本さん、両人とも
やや控えめな音である。
でも、渋く抑制の効いた小鼓と、風を感じさせる
大鼓のかけ声は、うっとりするほどよい気分を
舞台の上からふりまき続ける。

アイの簡明な語りが終わって
後シテが登場する。
姿を見せるまでのお囃子がすごい。
大小ふたりの掛け合いが延々と続く。
この迫力は戦の前の楽の音だからか。

装束は黒と金が基調である。  
大口は黒地に金で 三つ巴の紋様が浮き出し、
法被(鎧)は同じく黒に金の花模様。
下の小袖は、波の間に車輪が回る様が描かれている。

蔓桶に腰をかけ、激しく拍子を踏みながら、
過ぎし戦のことを語る男。
頭巾の下の面は、顔色こそ亡霊の常として
青ざめてはいるものの、
実に若々しく華やかでさえある。
彼の一番得意であった時代、
「鵺」を退治し、恩賞を賜ったとき、
当意即妙に歌を詠んで喝采を浴びたその時の
姿そのままに僧の前に現れたかのようだ。

颯爽と語る、戦のありさま。
なのに無情にも、平家の軍勢が川を渡ったときに
この勝負の行方は決まった。

それまでと打って変わって沈痛な声で、
辞世の歌を頼政は詠んだ。
「花咲くこともなかりしに」とつぶやく声は
力をこめて采配を握っていた先ほどとは違っていた。
心に沁みとおる悲痛な声だった。

頼政のまことの姿と出会ったこの一瞬、
わたしは
自害して果てた彼の無念さをおもった。
幸せだった若い時の姿を面影に留めた老い人は
清々しい香気を残して去った。


「海士」の、前シテの水衣は、ざっくりとした織り方で
しっとりとした藍色のものだった。
白と茶の地味な小袖の上にふわっと羽織って、
年かさな女の面によく似合っていた。
蔓帯も幅ひろだが白地なので地味である。

わだつみの宮殿に住まいする龍女となった海士女。
彼女の気にかかるのは我が子の行く末である。
淡海公(藤原不比等)が自分と契ったのは、
「明珠」を取らせるためでは?と
いう思いが彼女の心をよぎったかも、知れない。

生前のままの姿で浜を歩く。
鎌と海松とを両の手にもちながら。

玉の段の迫力は凄かった。
我が子に自分のことを
余さず知らせようと言う強い気持ちがあった。
珠を持ち帰るのに、「乳の下をかききって隠し」
瀕死の状態で帰り着く。
命と引き換えに、「跡継ぎ」という
子供の身分は保障されたのだった。

聞いた子供は懇ろに供養をする。

後シテは、頭に龍をつけ、長い黒髪をひいて登場する。
青ざめた顔、ひそめられた眉、
人間離れした面である。
白地に鱗紋の小袖を着、
大口は朱色に金で模様が描かれ、
それでも「装束」が派手とは見えない。

にじみでる華やかさはシテの中からのものだ。
はっきりとわかりやすい語りが、話の面白さを支える。
頭上の龍が少しも揺れない安定した体勢。
しかし表情はこころをそのままに
横顔は穏やかな女人だが
正面からみると一転して
険しい顔になる揺れを見せる。

子供に供養の礼を言う。
礼を言い終えると彼女は再び海に帰る。
天ではなく、浄土でもなく
海底の竜宮へ帰って行く。
成仏した龍女は、このたびは
長年の煩いから解き放たれて、
親しい海を選んだのだ。

味方さんのシテには慈愛深い母、というだけではなく
この世とあの世を行き来する
異界のものの凄みがあった。
早舞は、ただ観ているだけで圧倒される。
どの型をとっても、過ぎたところも
足りないところも「無い」と思わせる素晴らしさ。

じいっと座っている子方の和ちゃんが
辛抱しているさまが健気だったし、
大鼓の河村さん、力をこめて打つ音色が
小気味よく切れがあって快かった。

二番観ても心配したほど疲れは感じなかった。
体はほんとに正直である。

  片山定期能七月公演 
平成十八年七月二十二日(土)京都観世会館

能「頼政」
前シテ・里の老人、後シテ・源頼政の霊
:片山 清司
ワキ・旅僧:福王 和幸 
アイ・里の者:山口 耕道

笛:帆足 正規 小鼓:吉阪 一郎
大鼓:山本 哲也 後見:武田 欣司、片山 伸吾
地頭:片山九郎右衛門さん休演のため不明
   (どなたなのかわかりませんでした)

能「海士」~懐中之舞
前シテ・海士、後シテ・龍女:味方 玄
子方・藤原房前:味方 和 ワキ・従者:小林 努
アイ・海人:茂山 良暢
笛:光田 洋一 小鼓:曽和 尚靖 大鼓:河村 大
太鼓:前川 光範
後見:片山 慶次郎、小林 慶三 地頭:武田 邦弘

※「龍女の成仏」については様々な論があり
とても私には読みこなせない。「海士」のシテに
ついて書いているのは、私の、まったく
個人的な感想に過ぎないことを書き添えておく。

|

« しっかりした敵討ち・「望月」・TTR能 | トップページ | 鵜飼~鵜舟を弘誓の船となし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78456/11156995

この記事へのトラックバック一覧です: 青ざめた龍女…「海士」・片山定期能 :

« しっかりした敵討ち・「望月」・TTR能 | トップページ | 鵜飼~鵜舟を弘誓の船となし »