« 夏の無料催し…片山家装束展 | トップページ | 「ゆれる」 »

2006.09.10

虫の音ばかり残る野に「松虫」

「若手能」の主催は国立能楽堂なのだが、
チラシにはやや小さく「京都公演」の文字が。
会場は京都観世会館なのだ。

公演は二部に別れていて、
どちらも能が二番、狂言が一番演じられる。
チケットも安いのでとっつきやすい。

わたしが観たのは二部である。
出発まぎわにばたばたしたのがたたり、
着いたら「加茂」が始まっていた。

正面席はほぼ埋まっていたので、脇正面に回る。
最近は脇正面や中正面でお能を観ることが多い。
橋がかりに近いのも理由のひとつだが、
脇正面で観る舞は正面とは一味違って、
みていてあれこれ面白い発見があったりする。

などと言っているが、かなり早く行かないと
正面席には座れない。
雑事に追われてぎりぎりに飛び込むことが
増えているからなのだ。


「加茂」と書くのは金剛流、観世流では「賀茂」である。
以前みた舞台ではシテひとり、ワキひとりだった。
ところが今日は
若い女が二人も舞台に。
ワキも神職ひとりではなくて、二人の従者が居並んでいて
まことに華々しい。

ワキ方は関東のかたたちだそうだ。
神職(ワキ)の御厨さんがちょっと変わったよく響く声だった。
やや小柄で、うつむき加減のつつましい感じのシテ、
対照的にどっしりしたシテツレ、それぞれに
水桶(あか桶)を持ってワキの問いに答える。

前場がさらさらとおわる。
アイ狂言の松本さんが面をかけて、末社の神で登場。
剽げた舞ぶりも上品で、さすが「都の神さん」は粋である。


後場になり、杉さんのりょうりょうと響く笛にのって
まず天女が登場してゆるやかに舞う。

シテの雷神はその後、素速く出てきてささっと舞って
あっというまに終わるのだったな、と
観ながら思い出していた。

おや、この雷神さん、なんと可愛らしいこと。
赤頭で目もかっと見開いた面なのに、
ちょっと恥ずかしそうな感じがする。

ダダン、と踏まれる拍子の音はかっきり聞こえていて
型もしっかりしているのに、
雰囲気がとっても初々しい。

次の狂言が始まるとやや見所が減る。
お能の会ではいつものことだけれど、
茂山茂さんと千三郎さんで演じられた「飛越」。
これは観ないではもったいない。

ふたりとも実に声がよくとおる。
声の大きいのは茂山家の特色だが
そのおかげでお話がはっきりとわかる。

千三郎さんが、やや控えめなものごしで
シテの新発意を「たてて」いる感じなのがよかった。
二人が相手をなじりあう掛けあいの部分では、
茂さんが「足を怪我した檀家(千三郎さん演じるアド)」
の真似をして
びっこをひきながらはやしたてる。
それがくどくも嫌みにもならないのがさすが。
子供っぽいやりとりの末、ついには「相撲」で
決着をつけようとするところまで、
笑わせながらきっちり見せる。

くすくす、もけらけらもありだが、げらげら、はない。
負けて倒れた千三郎さんは、先に「勝ったぞ」と
勝手に走って帰った茂さんの意気揚々さと比べ
「やるまいぞ」の追い込みも
ゆったりした間でほどがよかった。
みんな一斉に拍手する。

休憩の後、二番目の能「松虫」
地味な内容だと聞いていたので、
市の酒屋にシテ他三人のツレが登場したところで
「おや、けっこう派手」と思う。
シテだけ笠をかぶっているが、後の三人は
薄水色の水衣に熨斗目の装束
背丈が皆さんほぼ同じくらい。
立ったり座ったりされるときの
所作が揃って決まっていてきびきびしている。

酒屋の小林さん(ワキ)は、市の人というよりも
料理屋の主のような貫禄だ。
声が微妙に震えるのは、お師匠譲りの節回しだろうか。
高らかに若者たちを呼び止めて
酒を勧める声が堂々としてらした。

シテの声はまっすぐで若々しい。
ひた面でもあり、
最初はとても亡霊とはみえないのだが、
「死ぬときは一緒に」と誓い合った友人の
突然の死を語るころから
かもし出す感じが
少しづつ静かにひっそりしはじめる。

おもむろに笠を被り、面を隠してそのまま
虫の音すだく野原の草の陰に消える。

  これは阿倍野の原での物語だそうだが、
  むかしはいちめんの野だったようだ。
  いまの繁華ぶりからは思いもつかないが。

アイの里人が朗々とことの次第を告げて去ると、
舞台には夕闇がおりて
市人は、はるかに野をみはるかして
はかなくなった男の回向をする。

  後シテ、面は阿波男。
  黒頭に納戸色の法被(金の模様)
  半切は萌黄地に金で笹に露芝。
  胸元から僅かにのぞく下の衣は茶系。
  袖がかえると袖裏は赤紫である。 
  白の水衣を羽織っているので、法被の模様は
  切れ切れにしか見えない。


ぱっと見ると、黒髪に白の衣で、とても地味にみえる。

昔を懐かしんでワキと語り合い、
だんだんに友を偲ぶ心が高まって、
ついには月光のもと、
ただ、松虫の音を探しながら、舞う姿がうつくしい。

決して派手な舞でもなく、装束でもない。
しかし、軽やかでいてしっとりと
ほのかな風情が漂うが、未練がましさは微塵もない。
安定した拍子に支えられた無心の舞。
まさに「魄霊」のはかなくもうつくしい舞だった。

舞が終わるとお話は一気に終わりに近づく。
「きりはたり、ちょう」とう虫の音の謡。
おおきく手を広げて「ちょう」と打つ型が面白い。
秋の夜が明けそめたときあたりは
茫々とした野原に
わずかに虫の音がかすかに、ひびくばかりだった。

終わって拍手が始まるまで一瞬、間があった。
ほう、というため息が聞こえてきそうな間だった。
舞に吸い込まれて我を忘れる楽しさは
お能ならではのものである。
ゆっくりしっかり拍手がおきて、
お囃子方が橋がかりを帰られるときに
私も一生懸命手をたたいた。

※松虫のシテは我が師匠です。

第十六回若手能 京都公演
  平成十八年九月二日(土)
    京都観世会館
『第二部』午後三時開演
【能】加茂 (金剛流)
前シテ 里女・後シテ 別雷の神:豊嶋晃嗣
前ツレ 里女:嶋崎暢久 後ツレ 御祖の神:宇高徳成
ワキ 室の明神の神職:御厨誠吾
ワキツレ 従者:芳賀俊嗣、梅村昌功

アイ 加茂の末社の神・松本 薫

笛:杉 信太郎 小鼓:森 貴史
大鼓:井林久登 太鼓:加藤洋輝
後見:金剛永謹、豊嶋幸洋、松野恭謙
地頭:宇高通成 
【狂言】飛越
シテ 新発意:茂山 茂 アド 檀家:茂山千三郎
後見:松本 薫

【能】松虫
前シテ 男・後シテ 男の亡霊:深野貴彦
ツレ 男:松野浩行・河村和晃・田茂井廣道
ワキ 市人:小林 努 アイ 里人:茂山童司

笛:竹市 学 小鼓:吉坂一郎 大鼓:石井保彦
後見:浦田保浩、片山伸吾 地頭:吉浪壽晃

|

« 夏の無料催し…片山家装束展 | トップページ | 「ゆれる」 »

コメント

はじめまして。ブログをいつも楽しみに拝見しております。

「松虫」、思い出すと今も胸がざわざわとします。あの笠を被った姿が何とも怪しかったですね。
ひた面がまた素晴らしい。シテの禁欲的な風貌が、エロティックといえば言えなくもないお能に
不思議に似つかわしく、虫の音にひかれてなくなってしまうなどというあり得べからざることが、
あのシテを通して語られると、さもありなんと違和感なくすとんと納得させられてしまいます。
前場の最後にはシテと一緒に泣けてしまいそうでした。

虫の音をきくたびに舞台を反芻しています。
あの素敵なおシテはお師匠さまなのですね。うらやましいです。

投稿: マカロン | 2006.09.16 02:48

お返事が遅くなりました。
昼はまだ暑さが残りますが
夜は虫の音が耳に優しいです。

きのうきょう、
家の近くの萩の花も咲きました。

でもあの日の舞台の上はほんとに「秋」でしたね。
また、能楽堂でお会いしましょう。

投稿: korima | 2006.09.19 20:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78456/11846230

この記事へのトラックバック一覧です: 虫の音ばかり残る野に「松虫」:

« 夏の無料催し…片山家装束展 | トップページ | 「ゆれる」 »