« 2007年4月 | トップページ | 2007年8月 »

2007.07.25

新しい革袋…「犬は鎖につなぐべからず」

青山で舞台を見るので近くに宿を取った。
これで終演が遅くなっても大丈夫だから。

この芝居を見ようと思ったのはまったくの偶然
もともとは次の日の
お能を見に行くだけのつもりだった。
遠出するのはいいが日帰りでは疲れもたまる。
気に入った芝居があれば前の日に行けば、
交通費は一往復分で二つの催しが見られるぞ、などと
欲張ったことを思いついてしまったのだ

その気になって劇場を検索してみて
気に入ったのが、このお芝居
岸田国士は文学史でしか知らないが
演出がケラさん(「噂の男」)だし、
知っている役者さんも出演してるから
というのが理由である。

あいにくの雨降り、
宿から劇場までてくてくあるく。
宿は宮益坂を上りきったところだが
まだ坂はゆるく続いていてふうふうと息が切れる。

計算通り五分少々で
劇場前に着いたが、早すぎて入場不可、
しかたがないので屋根のしたで待つことしばし。

「円形劇場」ってほんとに舞台が円なんだ
“丸に十の字”縦の棒の頭のとこが一段高く
舞台になっている。さらにその上も使えるスペースだ。
丸い部分はなだらかなスリバチ状の底にあたる。
たいていの芝居はそこで行われる
あとの三方は花道のようでどこからも人が出入りできる。

頭の部分以外が客席である。
すりばちの幅の縁がぐんと広くなったような具合だ。
椅子が少しましな折りたたみ椅子ようのもので
クッションないのね、というしろもの
しかも狭い。
ちょっと大柄なひとだと体ごとはみ出すに違いない。

そう思っていたら、隣の席は、
お相撲さんみたいにでっぷりした、若い男性だった
思わず椅子をずらす。(動くのは便利だ)
見渡すと満員の客席に男性が目立つ。
年配者はとても少ない。
若い人が多いのはもちろんだが
ファッションは全体に地味である。

その椅子に固まったままの三時間
腰が休憩まで保つかしら、と心配だった。
ところが始まったら、すいっと舞台に集中できて
さらさらしたオムニバスストーリーにしっかり浸れた。

四列目なので役者さんの顔目の前だ。
なにぶん知ってるひとは限られていて
名前だけしか知らないひとがほとんどである。

台詞はとってもよく聞こえる(何せ近いし)
原作は古い時代のものなので
せりふも古風な言い回しが多いが
古典ほど難しいわけでもないので
“お芝居”だなあ、と楽しんでついて行けた。

着物はライトに映えて鮮やかで綺麗。
監修は「豆千代」さんだそうだが
(有名なひとなのかしら)
どのひとの着物もお洒落だ。
新しい色柄なのに古風さも漂っている。
女優さんたちの髪型は昔風で
襟足のラインも清々しい。

取り立てての筋は無いに等しい
〈ある町内の人間模様が描かれている。
題名の犬、が狂言回しの役割も兼ねている。
(犬はぬいぐるみなのです)
犬が近所の家から靴をくわえて隠した事から
起こるドラマがさらりと描かれる。
対照的な二組の夫婦
身分違いの恋人達
貧乏文士
やり手の実業家の家族、
それぞれ軸を変えながらスケッチ風に
短い時間でお話が網の目のように重なっていく〉

泣くほどに緊張を強いる舞台ではない。
ほのぼのとした気持のままでゆるやかに
しかし全く退屈というものをしない、不思議な舞台だった。

時々ダンスがある。
むかしみた「第三舞台」にもこういう歌と踊りがあった。
思わず座り直して目を瞠る。
はじめてのひとばかりだから新鮮なわけではあるまい。
お話だとわかっている。
くっきりしたメッセージがあるふうでもない。
すらすらと速めのテンポが心地よく
乾いているのにみっちりとした実りを感じる。

どの人が、というお目当てはできなかったが
劇団新感線の「轟天」シリーズ(DVDで見たのだが)
パンダ国の王女“シンシン”役の
新谷真弓さんはわかった。
声が特徴的だから。
生でみると意外に華奢で愛らしかった。

もうひとりは映画で知った緒川たまきさん。
着物きた立ち姿がびっくりするほど綺麗だ。
若いのにすごいな、それに映画と
イメージが変わらないなんてな、とますます驚く。

カーテンコールが終わっのは十時前だったが、
十五分後には部屋で寛いでいた。
近いお宿はいい。
他所では寝つきの悪いわたしがその晩は
珍しく夢も見ずに朝までぐっすり眠った。

ほどよい温度のお芝居は何よりの眠りの助けだ

[付記]
パンフレットは文庫本を二つ合わせた大きさ
ハードカバーで63ページ
柔らかな紫色(和の色あい)で
鎖に吊るした箱に色んな種類の
犬が乗っかっている。
実はこれ、気球につり下がっているのだ。
一番大きな箱には耳がぴんと立った秋田犬(だろう)が。
彼だけは鎖じゃなくて栞紐。
そう、たいそうお洒落な本なのだ。
中は、対談ありコメントあり、
もちろん写真もあるが渋い光沢で落ち着いている。
字好きにも絵好きにも好感度が高いと思われる。

作:岸田國士 
潤色:構成:演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ

振付:井手茂太
和装:豆千代

出演:松永玲子 みのすけ 村岡希美 長田奈麻
   新谷真弓 安澤千草 廣川三憲 藤田秀代
   植木夏十 大山鎬則 吉増裕士 杉山 薫
   眼鏡太郎 廻 飛雄 柚木幹斗 緒川たまき
   植本 潤 萩原聖人 大河内浩 松野有里己

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悪…とは?「薮原検校」

京橋の駅からは少々遠いが、もう慣れた。
シアターブラバで今回見るのは
井上ひさしさんの戯曲「薮原検校」である。
演出が蜷川さんなのも決定要素のひとつだが
なんといっても、主演が古田新太さん。
これを見逃すのは惜しい。

彼の舞台は劇団新幹線で見ているし
テレビドラマでも何度もお目にかかっている。

ちょっと不思議な雰囲気を持っているひとだな、と
思ってみていたが
「轟天」シリーズのDVDでを買ったら
実にオモシロ可愛らしい。
おさげで眼鏡の「いずみちゃん」役
びっくりするやらおかしいやら。
その扮装で、むにゃっと顔をひん曲げて
「やってられねぇや」という表情をされると
流れが突然ワープする感じで一瞬茫然、
そのあとで強烈におかしさがこみあげる。


劇場に着く。
客層がなんかへん。
まるでPTA主催の催しみたい。
それもOB中心のような高い年齢層である。
そろって“お出かけ”スタイルの女性ばかりだ。
蜷川さんのファンらしき年配男性がちらほらと
見受けられる以外は
みっちりぎっちりおばさん集団である。

もちろんわたしもそのひとり。

若いひとの、旬のファッションを楽しみに
お芝居見に行く面もあるのだが、
この日は早々にあきらめた。

席は一階真ん中の通路より後ろだ。
距離も見え方も申し分ないが
開幕までざわざわが消えない。
こんなところもPTAの集まりに似ている。

井上さんの初期の作品は好きだった。
中でも、悪人を主人公にしたこの「薮原検校」
平賀源内を描いた「表裏源内蛙合戦」
「道元の冒険」これは曹洞宗を開いた道元禅師が主役、
この三つの作品は、
まるで小説を読むように読んだ。
発表当時は芝居に疎かったので、
実際に舞台でどうかは想像できなかったが
言い回しや洒落、作者のものの見方が
とても面白くて惹かれた。

蜷川さんの演出だからさらにたのしみ。

幕が上がると
三味線、のような音がする。
凄いリズム、じょんからのサビのように激しい。
生演奏はやっぱりいい。
ばしっと音楽がやむといっせいに拍手が起こった。
ライトに浮かんだ弾き手が持っていたのは
たった一本のギターだけ。
舞台の装置も音楽も
鮮烈かつシンプルな出だしである。

舞台に張りめぐらされている綱(縄かな)が
場面が変わるごとに役割を変える。
登場人物が堂々と松の作り物を持ってきたりする。
暗転が少ないので集中が途切れなくてよい。


お話は
大悪人である「薮原検校」の一代記だ。
語り手と、ヒロインのお市、主人公の杉の市
その三人だけが、同じ役を一貫して務める。
語り手は膨大な台詞をしゃべる
それをよどみなくこなす壤さん、
蜷川さんの舞台ではおなじみの人のようだ。

江戸時代の東北地方、
貧しさゆえに盲目に生まれつけば
座頭になるしか道がなかったそうな。
ところどころに歌が入るが
この歌入り芝居、
今でも全然古びていない。

杉の市が父親の悪事の因果で
盲目に生まれ、
弟子入りした師匠の妻を寝取り、
逃げる道中にさらに人を殺め
やっとお江戸にたどりつくまでが前半。

音楽担当が宇崎竜童さん、
彼の曲だからわたしにも歌いやすくてオーケーだった。

古田さん、生き生きと
まるで生まれついての悪魔のように
さらさらとこの大悪人を演じている。
相手の出方をうかがうふてぶてしさや、好色さに
なんともいえない愛嬌がある。
頭はすっかり剃り上げてあって、たいそうお似合い。

ヒロインの田中さん、
あっさりした演技で薄幸さが勝ちすぎて
メリハリに欠ける恨みがあるのがちょっぴり物足りない。

すごかったのは段田さん。
次から次へと役を変えて登場し
そのどれも、すばらしくはまっている。
小悪党な杉の市の父、
清廉な学者 塙保己一
お江戸のお気楽な座頭
最後は検校の首を打つ介錯人まで
『粋で明るくて小ずるくて男らしくて』
テレビ出演だけ見ていたのでは
わからなかった魅力をたっぷりと見せてくださる。

壤さんの語りが繋ぎごとに入り
その美声に聞きほれる。
歌が何度もリフレインされる間は
ちょっと息を抜いてくちずさんだりもする。

字面だけだと「勧善懲悪」に見える筋書きだが
井上さんの脚本は、
風土の暗さと盲目からくる差別のつらさを訴えてやまない。

なりふりかまわず
人をだまし殺めてあと少しで
「検校」の位を手に入れる直前に
塙保己一に語る言葉は

「金でのぞみはなんでもかなう」だった。

そういいはなつ彼の顔は生き生きと輝いていた。
昨今は“お金がすべて”は当たり前だが
この本が書かれた時代はそうではなかった。
まだまだ辛抱や努力が価値あるころで
だからこそ衝撃的な言葉だったのだ。

松平定信に、
杉の市の処刑方法を問われた保己一は
「みせしめとして思い切り残酷になされば
民は快哉を叫び、その祭のあとはまた営々と
お上の思うがままに暮らすであろう」
(という内容だった、とおもう)と返事する。

“みせしめ”っていまでもあるんじゃないか、と思った。
この間まで、マスコミに取り上げられ
もてはやされていたひとが
一転して叩かれ、ひどい言葉が次々と浴びせられる。
わたしたちはその報道をみて溜飲をさげ
また新たな事件やヒーローを待ち望む。


アンコールの時の役者さんたちの笑顔がすばらしい。
なかでも古田さんがとても嬉しそうだったような気がする。

「祭り」を楽しんで外に出ると、まだ日が高かった。
お芝居を見るのは夜のほうがいい。

【日時】2007年6月7日
【会場】シアター BRAVA


【スタッフ】
作:井上ひさし
演出:蜷川 幸雄
音楽:宇崎 竜童

【キャスト】
古田 新太:杉の市、後の二代目薮原検校
田中 裕子:お市
壤 晴彦:語り手役の盲太夫(めくらだゆう)
段田 安則:魚売りの七兵衛/男(お志保の情夫)/とっかえべい屋/塙保己市/江戸座頭・安房の市/首斬役人 ほか
梅沢 昌代:七兵衛の女房お志保/日本橋の橋番 ほか
六平 直政:仙台座頭・熊の市/佐久間検校/水戸東照宮の宮侍/日本橋下の魚売り/凶状持ちの倉吉 ほか

山本 龍二:塩釜座頭・琴の市/馬具屋/刀研ぎ師・善兵衛/江戸座頭・伊豆の市/初代薮原検校 ほか
松田 洋治:佐久間検校の結解/魚市場の仲買人/若い座頭/江戸座頭・甲斐の市/定廻同心・浅野某/将軍補佐役・松平定信 ほか
神保 共子:相対死の片われ女/強請られる寡婦 ほか
景山 仁美:魚河岸の売り子/強請られる寡婦の娘 ほか

赤崎 郁洋:ギター奏者
ただ不思議なことにお能は
昼でも夜でもまったく感動に差がない。
なぜだろうな、などと思いつつラッシュの新快速電車に揉まれる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.12

「東京タワー」(リリー・フランキー)

原作は友だちの薦めで読んだが
「泣ける」ところまではいかなかった。
だからあまり期待しないで見に来たのがよかったのかもしれない。

淡々とした話の進み方がとてもよい。


東京タワーができたとき
わたしは小学生だった。
「…三百三十三メートル」という
フランク永井の歌を覚えている。
実際にタワーに登ったのはつい最近だけど


高層建築が少なかったのでひときわ立派にみえた。
トウキョウの象徴としてニュースで
しょっちゅうみたっけ。

そういう懐かしさがいっぱいだ。
暮らしの中にはなくても
テレビの中にあったものたち。

「炭坑節」は盆踊りで聞いていたし
三池炭坑は小学校でも習った大炭田
子供のころ覚えたことは忘れてないものだ。


主人公のボクは三人が交代して演じる。
子供のころのリリー、可愛い。
中学高校のリリーも上手い。

過去を見る主人公の目が優しい。
内田屋也哉子が
若さに溢れるオカン役、太めでむっちりとして
並みの女優さんより遥かに存在感があった。
年取ってからのオカン、樹木希林とは親娘だから
骨格がそっくりで声もそっくり。
何の違和感もなくすいとお話に入れる。

大人のボクを演じるオダギリジョー、
優柔不断で結構遊んでいて
どうしようもない感じがよく出ている。
「芸術」系だから服装の感覚が派手だ。
赤やピンクのシャツに
ぴちぴちのジーンズをはいてひょうろひょろしている。

マフラーやコートなどのきざっぽさも
都会にすっかりなじんだ「地方」の青年らしさを
よく計算したファッションだ。

そう思うのは
昔風の(昭和三十年代)服装のままのオカンやオトンが
驚くほどの存在感だから。
飲み屋もその客も流れている有線も
細部まで、しっかり時代を映しているのが嬉しい。

それなのに
時代によりかかったストーリーではなくて
親と子のドラマであることが
気持が伝わる理由だろう。

オカンもボクも言葉に出しては
過剰に”親子の情”を語らない。

べったりとした
関係は省き、
エピソードの間あいだに
ボクの静かなモノローグの語りが入る。
オダギリの声が落ち着いていて聞きやすかった。

時があちこち行き来するから
あたまからのお涙ちょうだいに
ならなかったのかもしれない。

すごくはまり役なのがオトンの
小林薫さん。
めちゃくちゃ…だけど
ええかっこしいだけど
ちゃんとオカンに会いに来るくらいの
優しさはもっている
もう、いまの東京には似合わないオッサン。

「『リアップ』で毛が生えてくるで」とオトンは言い
オカンはもじもじ指輪をいじりながら
「そうね」と受ける。
気の利いたことが言えない不器用なふたりの会話だ。

ウサギを膝に乗せて長いことなで続ける場面。
オカンの葬儀のときに
「挨拶はせんから」といっていたけど
泣き続ける息子を見やって
しかたなく「喪主挨拶」を代わったあげくに
やっぱり泣いてしまったところ
(映像では少しだけしか映さないが)

なれそめのころ、オトンとオカンが
二人でダンスを踊る場面がある。
曲は「キサスキサス」
歌はザピーナッツ
それだけで歌を知ってるわたしには充分だった。
也哉子さんがとても美しく見えた。

脇役が粒ぞろいで
ワンシーンしか出ないのに
有名な役者さんだらけなのは
脚本が松尾さんだからかな。

感情を抑え気味の脚本で
間がゆったりしていて、年よりにも見やすかった。

ほとんどの場面は“ボク”が見たことだけれど
唯一オカンが、炭住を出て新幹線に乗り
東京に行く場面だけは、違う。
彼の知らないオカンの気持は
仮面のような化粧にあらわれている、と思える。
バックに炭坑節が流れる。
それは挽歌に聞こえる。
生まれ育った故郷を後にする母の
また寂れていく炭坑の
過去に捧げられたうたなのだろう。

二人の関係がぎくしゃくしていたこともあると
本のほうには描かれているが、
映画ではさらりと
「生返事するボクと遠慮がちなオカン」との
会話で済ませていて、心憎いばかりだ。

最後に、東京タワーに登る、ボクと元の彼女。
張りつめた葬儀のシーンとはがらっと変わり、
画面いっぱいにタワーの中から見える
いまの東京が広がる。

街並みのうえに夕映えの空、
東京の自然はこの空なのだろうな、
オカンもこの光景をみているのだろう。

もらい泣きしてしまった場面がふたつ

うわごとをいうばあちゃん(渡辺美佐子)とボク、
病院での最後の日々を過ごすオカンと見ているボク。
大事なとき、ひとはごく当たり前なことしか
言えないのだね。

やたらに字の多いパンフレットも
年配向けかもしれない。
中年、ないしはそれ以上の客が目立った。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.07.06

蜷川さんとシェークスピア…「恋の骨折り損」

シアターブラバは、以前 劇団四季の「キャッツ」をみた
劇場である。
二階席からは舞台が遠くてやや見えづらかったのだが
今回の「恋の骨折り損」は最前列である。
演出はあの蜷川さんで、ほんとに嬉しい出会いだ。


舞台が客席に張り出して作られていて
高さもそれほどではない。
目の前での芝居は迫力ありすぎるくらいだった。

シェークスピアの「喜劇」を見るのは
初めてである。
「間違いの喜劇」を野村萬斎さんが
狂言にアレンジした「まちがいの狂言」がたった一度の経験だ。

いつも通り図書館で文庫本を借りて予習したが
そうとう退屈でかなり飛ばしてしまった。
始まってからも、
テンポがゆっくりしているのでだるい感じかする。

ただ出演者が全員男性。
中心は男四人対女四人の絡み合いだから
女役の役者さんはどんな風なのかは興味があった。

それが意外にすんなりと違和感がない。
フランス人形のように綺麗な人も居た。

主演の王様役が北村一輝さん、
(かなり好きです、彼。二枚目、ではなくて
不気味な感じがするところがいい)

相手の王女さま役は姜さん。
大柄でがっちりした体つき
またしっかりした顔だちなのに
しぐさがどことなく女っぽいところがあり
古典的なドレスがよく似合う。

宝塚とはまた違った雰囲気だ。

八人の役者さんはみんな熱演
階段部分に座ったり寝そべったりする男性たち、
女性陣もスカートを持ち上げて走ったりする。

王様の北村さん、長いセリフも滑舌よくこなしてて
器用だなあ、と嬉しくなる。
長い袖がひらひら、こういう衣装も似合うなあ。

中でも、王様の一番の学友役、
高橋洋さんがよかった。
せりふの量も半端じゃなく多い。
声はちょっとかすれ加減の好みの声だし
メリハリが効いていて聞きやすい。
近くなので、汗でシャツが濡れているのまで見える。

脇は年配の役者さんたちががっちり固めている。
おどけた田舎者や、色っぽいお姉さん
聖職者たちが出たり入ったり…
面白い、というほどではない。
こういうのが「喜劇」なんだな、と思う。
その時代でないとその国の民でないと
わからないことがあるだろうし。
(特に、宗教関係はわからない。
聖職者がからかわれているのには
何か意味があるとは思うが)

目に楽しかったのが舞台装置だ。
いちめんに緑の「柳」。
柳の葉は風にそよいで
人を隠したり現したりしていた。

【観劇日】2007年4月17日(火)
【会場】シアターBRAVA
「恋の骨折り損」

演出/芸術監督:蜷川 幸雄
作:W・シェイクスピア
翻訳:松岡 和子

【キャスト】
北村 一輝:ファーディナンド(王)
姜 暢雄:フランス王女
窪塚 俊介:デュメイン
高橋 洋:ビローン
内田 滋:ロザライン
月川 悠貴:マライア
中村 友也:キャサリン
須賀 貴匡:ロンガヴィル

藤井 びん:ドン・エイドリアーノ・デ・アーマードー
大石 継太:コスタード(田舎者)
清水 幹生:サー・ナサニエル(牧師)
戸井田 稔:ホロファニーズ(学者)
岡田 正:ダル
大富士:林務官
今村 俊一:マーケードー
沢田 冬樹:ジャケネッタ(田舎娘)
西村 篤:モス(小姓)
青井 陽治:ボイエット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年8月 »