« 耐えるひとのすがた…「満仲」 | トップページ | レ・ミゼラブル(ああ!無情) »

2007.08.07

長~い長~いタイトル

劇団新感線:夏のチャンピオン祭り
「犬顔家の一族の陰謀
~金田真一耕助之介の事件です。ノート~」
なんとも長い題です。
この題名を読むときからもうお芝居の世界に招かれてます。
しかし、お、覚えられないよ。

天神祭が始まった大阪に、暑い暑いと言いながらでかけました。
川にかかる歩道橋、風はなまぬるかった。

横溝正史の「犬神家…」が下敷きですから
探偵はもちろんあの「金田一」さんなんですが。

この舞台では、
フケだらけのもじゃもじゃ頭のよれよれ袴の
汚~い 「金田真一耕助之介」となってます。
(カネダシンイチコウズケノスケと読むんだってさ)
耕助之介って、音だけだと「上野之介」(忠臣蔵)みたい。

演じるのはクドカンこと宮藤官九郎さんです。
針金みたいにか細く
ふわふわとしててつかみ所がない感じが
新感線の役者さんたちの「濃さ」とうまくマッチしてました。
イチオシです。

客席を走り抜ける場面が何度もあって、
「ううう反対側の席なら近いのに」と悔やみましたわ。
指定席、どこになるかは思い通りにはなりません。

新感線の右近さん(ウコリン)がオペラ歌手ふうに
「千の風にのって」のパロディをノリノリで
わっと拍手でました。うまいです。

古田さんのフランス帰りの“デザイナー”   
尾崎キヨヒコ風もみ上げの演出家役の
池田成志さん、ふたりとも貫禄です
(年期の入った胡散臭さ)
なにせ、池田さんの演出してるミュージカルが
「ドッグス」だって。(「キャッツ」なんでしょうね)

コメディはちょっと苦手意識があるのですが
かるく三時間、気分上々で楽しみました。
長いから腰は凝りましたが。

どたばたと小ネタが次々に炸裂するんですが
取り立ててストーリーがあるわけではないです。
場面ごとにお気に入りの役者さんが
ふんだんにコスプレして出演、というのが楽しいです。

時々大画面に映像が映るんですが
新感線はこういう作りが実に上手だな、と思いました。
画面を見ている間に場面が転換するのですが
大音量の音楽が流れています。

橋本じゅんさんが二役、ということだったので
ずいぶん楽しみにしていたのですが
出演場面が少なかった。
そしてどちらも“笑いを取る”役どころです。
「濃い」けど短い。
はじめは「犬顔家の当主」役。
危篤なのに、突然ダンスを始めてしまう
けっこう困ったおじいさんです。
あれあれ、というまに事切れておしまい。

もうひとつは
「犬顔家が信仰している神社の神主」さん
年のせいか反応がかなりとんちんかん。
こちらのほうが、ボケありで楽しむ時間がありました。

でももうちょっと出番が多ければ、
じゅんさんの多彩な笑いのエッセンスを
たんのうできたんですが、
登場人物もパロディも多すぎるんです。

お笑い系に詳しければもっと面白かったにちがいありません。
まわりのひとが笑っているのに
ついて行けなかったことも度々でした。

話はあっちにいったりこっちにいったりで
時々小ネタがバン、と炸裂します。
むかしの新感線まつりの舞台、
DVDでしか見たことないのですが
同じ感じでした。
こういうのはやはり前のほうで見たほうが盛り上がります。
まあ、一階だから良かったんですけど。

今回、おおっと思ったひと
逆木圭一郎さん、着ぐるみが愉快なのと
声が渋い。(ミステリアスな低音です)
勝地涼さん、若いっていいなあ、とため息がでるほどの
活きの良さ。
劇中劇の桃太郎役が絶品でした。
木野花さん、むかしから名前は知ってたけど
歳は知りませんでした。
パンフで同じ年代だと知り、さすがさすがと感無量。
ン十年の貫禄ですわ。
よし子さんにかな子さんに聖子さん、
女優陣も健在でした。

新感線のパンフレットは、いつも大きくて持ちにくいんですが
今回のはお値段はいつも通りでした。
が、装幀が小ぶりで色合いも地味、
開けてみると字が結構多かった。
昔懐かし「帳面」仕立て
「…です。ノート~」だから。
このくらいのサイズがしまう時に場所とらなくていいのです。


東京ではもっと「進化」するそうですが、
残念ながら、一度で諦めます。
池袋だそうで、全く知らない街に行くのは
すごいエネルギーが必要なのです。
基本的に「秋冬」人間なので、夏は駄目なのです。

お祭りだ、ということでがんばりましたよ。
花火大会を指定席から見てるみたいな気分でした。

2007年7月25日(木)
シアターBRAVA!
劇団☆新感線2007年夏休みチャンピオン祭り
犬顔家の一族の陰謀
~金田真一耕助之介の事件です。ノート~

作・演出:いのうえひでのり

<犬顔家>
木野 花:太郎子
村木よし子:柴子
磯野 慎吾:助比代

高田 聖子:次郎子
古田 新太:ロベール
河野まさと:助垂
保坂 エマ:エマニエル

山本カナコ:三郎子
池田 成志:大
右近 健一:助焦
中谷さとみ:ちわ子

橋本じゅん:助佐衛門助介

勝地 涼:野見山玉男

粟根まこと:粟館弁護士
インディ高橋:糠橋、保地田
村木 仁:太土木刑事
小松 和重:小松巡査
逆木圭一郎:敗地大五郎

橋本じゅん:犬滝神官
吉田メタル:吉田先輩
川原 正嗣:黒井
前田 悟:猿兵衛
中谷さとみ:大地マヤ

|

« 耐えるひとのすがた…「満仲」 | トップページ | レ・ミゼラブル(ああ!無情) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78456/16041297

この記事へのトラックバック一覧です: 長~い長~いタイトル:

» イオン 化粧品 シアター brava [優良情報]
イオン 化粧品 シアター brava [続きを読む]

受信: 2007.08.30 11:08

« 耐えるひとのすがた…「満仲」 | トップページ | レ・ミゼラブル(ああ!無情) »