« 精霊の舞…「六浦」 | トップページ | みやこの子猿…「狂言ござる乃座」 »

2007.09.30

「隅田川」…TTR能

揚げ幕の隣の席だった
申し込んだのが遅かったので最後列
こんなに遠くから舞台を見るのもかなり久しぶりである。

TTR結成五周年記念能
このお囃子ユニットを知ったのは四年前、
サポーターになってから、
毎年お能の公演は欠かしたことがない。
昨年から今年はじめにかけて
体調が悪くて、「ライブ能」(お囃子中心の会)には
行けなかったので
この公演を楽しみにしていた。

九月も半ばになれば、暑さが和らぐと見込んで
行くことを決めたが
今年の夏は異常に暑く
猛暑日からは解放されたものの
充分真夏の気候だった。
梅田から会館まで歩いている間に汗はやみまなく流れる。

始まりは午後七時半
平日、勤め帰りのひとでも充分間に合う時間に
設定してある。
その代わり終演は遅めで夜九時半だそうだ。
もし長引けば
家に着くのは日付の変わる前になりそうだ。

満員の見所が
お囃子が始まると静かになる。
ゆっくり登場する六郎さんは
悲しみに足が前に行かないかのように
静かに、静かに歩まれる。

豊かな体躯にふわりとかかった白い衣
裾に流れる水の紋様
隅田川のほとりに似合った装束である。
丸い笠の中に
ほんのりとした憂い顔を隠して。

横顔がきれいだった。
六郎さんは豊かな体躯をお持ちだから
儚げな感じにはならないのだけれど。

ワキの船頭とワキツレの旅人
顔立ちも体つきもそっくり
そして声までよく似ている。
茂十郎さんの船頭は、狂った母にとてもやさしい。
情に溢れたひとであった。

みやこから遠く離れた川面を
はろばろと笛の音が流れていく。
芯が強くそれでいてやわらかな小鼓の音は
しかと区切りをなし
一打ちごとに、光のしずくが滴るように澄んだ
大鼓が響きわたる。

これはお囃子ユニットの会だったのだ。

呼吸がぴったり合っている。
大小の鼓は同時に鳴る。
これは凄いことなのだ。

六郎さんの伸びやかな声が
ここまでの道のりを語り始める。
からだ全体が母そのもの。
謡の声が大好きでだ。
こんなに自在に声は奏でられるものなのか、と思う。
聴きながら心地よく話に入ってゆける。

もともと「隅田川」は劇的なお能だ。
(ドラマティック、と言う意味ではない)
一幕もので“いま、ここで”の話だから
「霊=子供」の姿は
うつつかまぼろしがわからぬくらいのはかなさだ。
それよりも際だつのは
母親が悲しみ、嘆き、狂い
最後に念仏を唱える姿だ。

語りの間は微動だにせぬ体の安定
立ち上がるとき、ほんの少しかしぐときが
あるけれど
それはほんとにささいなこと。
母になりきってふくよかな手が面をおおうと
見ているこちらも
もらい泣きしそうになる。

子方の赤松くん、
背が伸びて、声もハコビもさらにしっかりしてきた。
こうして年ごとに
成長を追えるのがうれしい。

地謡は、片山清司さんが地頭で緩急自在。
劇の進み具合でいかようにも変化し
またばらつきもない。
まとまった謡があると舞台がさらに楽しいものになる。
ドラマの奥行きが深くなるのだ。


一番後ろでも充分音は良かった。
耳はかなり満足したのだが
目の喜びがいまひとつ。
もう少し前で見れば、手の表情や足さばき
お囃子ひとたちの汗なども見えて
もっと全体を楽しめたろうと思う。
次回は春三月、
今度は早めに予約しよう。

見所はぎっしり満員で嬉しい限りである。
毛布の貸し出しや
ちょっとした質問にも
いつもながら事務局のかたがたは親切に対応して下さる。
ここまで細やかに
観客に気配りできるところはめったにない。
それも含めて、気持ちよく楽しい舞台だった。

TTR能プロジェクト5周年感謝公演
平成19年9月14日 19:30開演
能 「隅田川」

シテ:梅若 六郎
子方:赤松 裕一
ワキ:福王 茂十郎
ワキツレ:福王 知登
笛: 藤田 六郎兵衛
小鼓:成田 達志
大鼓:山本 哲也

後見:山本 章弘、山中 ガ晶

地頭:片山 清司

|

« 精霊の舞…「六浦」 | トップページ | みやこの子猿…「狂言ござる乃座」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78456/16622487

この記事へのトラックバック一覧です: 「隅田川」…TTR能:

« 精霊の舞…「六浦」 | トップページ | みやこの子猿…「狂言ござる乃座」 »