« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007.10.30

「コリオレイナス」…英雄のなかみ

舞台をテレビ中継で見る機会が増えた。
去年からしばしば舞台に足を運んだから
少し雰囲気に慣れてきたようだ。

お能は舞台中継に向いてない、と思う。
橋がかりから出るときの
シテの風情がわかりにくいことや
お囃子と演者の距離感が変だったりすると
やっぱり、能楽堂に行かないと、と思うのだ。

能楽堂だと比較的こじんまりとした空間だから
たとえ後方の席でも
充分に謡も舞もお囃子も堪能できるからである。
(歌舞伎も文楽も生で見た方がずっとよい)

しかし
お芝居となるとちょっと違う。
特に大劇場だと、
座った席によって、感動が大幅に違うからだ。
わたしの経験では
劇団新感線の公演は
一度は劇場で、細かい部分はDVDで
楽しむのがGOOD。

登場人物が多いのと、舞台が広いので
一度に全体を見渡すことは無理だからだ。
小劇場系の芝居でも、
役者の表情まで見たいと思えば
DVDやテレビ中継に頼るしかない。

衛星放送では、伝統芸能や芝居の
専門チャンネルがあるらしいが、
地上波しか受けられない我が家では
デジタル放送まではガマンなのだ。

前置きが長くなってしまった。
蜷川さん演出の「コリオレイナス」
これを生でみようと思えば
埼玉まで行かなくてはならないところだ。
近くの大劇場でも多分上演されただろうが
公演日がすくなく
都合がつくとは限らない。

国営放送の「芸術劇場」枠は
その点でとてもありがたい。
難を言えば、エンターテインメント系が少ない。
暗く、どっしりしたものが中心で
くたびれている時にはちょっと苦しい。

ここ最近
蜷川さん演出シェイクスピアを二本見た。
どちらも喜劇だったから
悲劇も見たかった。
まったく知らなかったこの作品、
のっけから暗そうで、不安だったがとにかく録画した。

まるでお能の「序破急」のように、
前半の密度がゆったりと濃い。
ひとりひとりの人物が
初めの部分でしっかり描かれている。
役者も達者揃いである。

母親役は白石加代子。
粘っこい演技が
この劇によく似合っている。
「国盗人」のときは、主な役が全部彼女で
さすがに参った。
ユングの言う“グレート・マザー”タイプ。
この母ののぞみは自分の育てた息子を
自分の思うように操縦することだ。

ロボットのようなコリオレイナス、
驚くほど強く
戦いには常に勝利する。
しかし元老院議員になるために、
民衆の支持を得ようとするとき
彼の強い「エリート」意識が
市民の反感を買う。
追放された彼は、なんと敵国に飛び込むのだ。

母から離れて
ひとりだちできるよい機会のはずだった。
ところが、自分を追った市民たちを憎むあまり
彼は感情にまかせて、
自分のふるさと、ローマを滅ぼそうとする。

敵国で将軍になれたのは
ライバルのオーフィディアスが
ふところ深く彼を迎えたからだった。
その恩人にさえ高慢に命令し
あと少しでローマに迫ろうとしたとき。

ローマを攻めないでくれ、と頼みに来たのは
妻と子と母だった。
わが子と妻の哀訴は退けることができたが
母だけは、彼の「情」に訴えかけることができた。

悩んだ末に彼が出した結論は
今度はローマに戻ってローマのために戦う、だった。
敵国ヴォルサイのために戦って得た勝利を数え上げ
「これだけの仕事をしたのだから」と
あっさりと言いきり、別れを告げる。
彼の心のなかでは矛盾のないことだから。

オーフィディアスはコリオレイナスに撃ちかかる。
このまま彼を行かせれば、
またこの国はローマに蹂躙されるに違いないから。
長い年月、お互いに戦っていたから
コリオレイナスの性格(その純粋な高慢さ)をよく知り、
再びの寝返りを危ぶんでいたのだ。
もちろん、彼自身の地位を保つ必要もある。
ここで勝負を挑むのは
オーフィディアスにとっても賭けだったのだ。

大階段での長い戦いの末に
オーフィディアスの剣はコリオレイナスの喉を貫く。
血しぶきの中に倒れる彼を
しっかりと抱きとめるオーフィディアス。
息が絶えたときはじめて
彼はコリオレイナスを讃える。
その比類ない強さと高潔さ、
純粋な軍神ぶりを。

そう、確かに彼は強かった。
でも心は、母によく思われたい子どものまま。
人と人の関係についてもよくわからず、
思いやりをまだ持たない子どものまま。

こんな人が身の回りにいたとするなら
父親代わりのメニーニアスのような、
優しい心で接することができないければ、
ただ迷惑で腹立たしいだろう。
賢く、家柄もよい彼は、
貧乏で愚かな「市民たち」をしんそこ馬鹿にしていた。
ひとを馬鹿にすれば
その結果は自分にかえってくる。

だから、彼の死は自業自得としかいいようがない。

役者たちの熱演と、演出の妙、
舞台のほとんどを占める大階段。
暗い灰色が、この劇を象徴している。

ビデオテープを
全部見終わるには三日かかった。
登場人物の関係は、なんとか理解できたが
何せむかしの話、しっかりセリフを聞いていないと
わからないことばかり。

テレビで見ても力強く迫力満点。
実際の舞台はすごかったに違いない。
蜷川演出のシェイクスピアを
もっと色々見たいと思うが
こちらでは公演日数が少なすぎる。
冬の間に、(夏より冬のほうが動ける)
見られないかな、と
舞台のチラシをながめている。

主な配役
 唐沢寿明 :ケイアス・マーシアス・コリオレイナス
 白石加代子:ヴォラムニア(コリオレイナスの母)
 勝村政信 :タラス・オーフィディアス(ヴォルサイの将軍)
 香寿たつき:ヴァージリア(コリオレイナスの妻)
 吉田鋼太郎:メニーニアス・アグリッパ(コリオレイナスの友人)
 瑳川哲朗 :シシニアス・ヴェリュータス(護民官)

 原康義  :コミニアス
 大友龍三郎:タイタス・ラーシアス
 手塚秀彰 :ジューニアス・ブルータス

 その他   市民、兵士、召使い、神官たち、など多数

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007.10.23

「ガリレオ」を見る

探偵ガリレオで
湯川助教授を演じるのは
てっきり佐野史郎さんだと思っていた。
だって、文庫本の解説に書いてあったもの。

月9でドラマ化されると知り
主役は誰か
おおいに気になった。

発表されたのは福山雅治、
わたしにとっては「ひとつ屋根の下」の
ちい兄ちゃんの印象しかない。
彼の出ている番組はあんまり見ていないので
まじまじ顔を見るのは今回が初めてかも。

ワトソン役は小説とは異なり
若い女刑事、柴咲コウ
熱血な彼女と、変人福山の間に
何かが芽生える…と期待させるキャスティングである。

ところが
始まってすぐにびっくり。
犯人が割れている。
ゲストの唐沢寿明がそのひとだ。
進行にしたがって違和感は募る。
もともとこの小説は
湯川と草薙、ふたりのつかず離れずの関係と
謎解きの両面を
3分7分で描いている。
あり得ない謎を解く湯川の頭脳、
オカルトか、と思われる事件を
ていねいに「解題」するその手際がきもちよいのだ。

ドラマでは、福山ガリレオと、柴咲刑事、
二人の関係にかなり力点が置かれていて
その間に謎が挟まる、という具合だ。

実験の場面は
さすがに映像見ると面白いが
興味深いのはその部分だけ、と言ってよい。

視聴率はいいらしい。
これからは
ゲストが良ければ見ることにしよう。
と決めた2回目は
小市漫太郎が登場で
結局最後まで真面目に見た。


ちかごろドラマがつまらなくて困る。
映画や演劇のほうが面白いのだ。

テレビ局は
このドラマで「踊る大捜査線」のような
おいしい泥鰌を狙っているようだ。
このコンビで
映画「容疑者Xの献身」を映画化する、と予告があった。

湯川ガリレオシリーズの長編で
発表された年
ミステリーの賞を総なめにした話題作。
映画向きに見えるだろうなあ。
場所(東京の川べり)
アパートの二つの部屋
豊富なトリックなどなど。
しかし東野さんの小説の底のほうに流れる
かすかな苦味は
映像化されるだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007.10.19

テアトル・ノウ「野宮」

いままで観たどの曲でも
味方さんは
「この主人公ならさもあろう」と
納得する人物像をつくりあげておられた。

「野宮」の主人公は
“あの”六条御息所である。
期待は大きかった。

結果から言うと
さすが味方さん、
なるほど、と充分に堪能したのだったが。

ファン層の広いかただから、と
開演よりかなり前に着いたのだが
午前中から列ができていたそうで
扉は三十分も早く開いた。

このあたりの気づかいがよいのだ。
席も一枚づつ引き換えるので
自分以外の席を取り置きできない。
このやりかたも公平で気持ちよい。

味方さんの姿、装いとも完璧である。
歩んでも座っていても舞姿も。
きっかり、くっきりした舞ぶりは安定している。

その装い
前シテの小袖は豪華なしろがねの地に
秋草の紋様。
地味なだけに面のうつくしさが際だつ。
襟もとの着付けがいつも観ているのと違っていて
立ち襟の具合がすごく綺麗だ。
鬘帯も小袖と同じ輝きの銀色に揃えてある。
その、きらきらしくなく
抑えたかがやきがこの曲の趣き、ということなのだろう。

すらりとした姿で登場して野宮に参り、
ワキと長い問答に入る。
動きのない前場がちっとも退屈でないのは
座ったままのクセの場でも
静まり方がみごとにうつくしいからである。
背筋は伸びて、
その姿勢がずっと動かずにあることに驚く。
ワキに向くところも滑るようになめらかである。

落ち着いた面ざし、
切れ長の細い目が憂いを帯びている。
時々ふと少女のようにはにかみ、
車争いの場面では
激しい感情を見せるが
すぐに思い返して静かな表情にもどる。

語り終えて
橋がかりを歩む前シテの表情は
たったいま告げたとおりの御息所になっていた。

後場に入ってもそのあでやかな美は変わりなく輝く。

まことの姿をあらわした六条御息所は
渋めの緋色の大口に
落ち着いた青色の長絹をつけていた。
さらりと秋草が描かれており、玉留は緋色。


まさか、“青”とは思わなかった。
ずっと以前に半能をみたたときには
緑がかった長絹だった記憶がある。
(舞われたのは片山慶次郎師)
しかし、こうして観ていると
青と緋は合うのだ。
華やかさと理性、
両面を持っていた御息所に
よく似合った色目におもえる。

長い序の舞はしっかりとすすむ。
そうは言っても堅苦しい舞ぶりではない。
粛々と、流れるような笛の音にのって
語りきれない心のうちを
僧に伝えたくて舞っているかにみえる。
(じつは「序の舞」の入る曲を観るのは
ほんとに久しぶりなのだ)

このあたりになると
からだがすっかりお囃子になじみ
気持ちよく遊べるようになる。
ゆらりゆらりと
眠りの縁を出入りしていると
半ば閉じたまぶたにみえるのは
きれいな舞姿。
なんと心地よいことだろう。

輪廻の生を生ききって
火宅の門を出る女。
簡素に作られた門からすいと出るときの
横顔の美しさは
なににもたとえようがない。
面には生気が宿っている。
現実の女性かとみまがうほどに。

味方さんの御息所は
遠い彼岸からではなく、少し離れたところから
短い旅をしてきたように見える。
そんな風に思うほどしっかりした存在感なのだ。

その華やかさを、たとえて言えば絵巻物
くるくるとひもとく「源氏物語」の一帖
絵筆をとるのは都の絵師に間違いない。

きょうのお囃子方は
わたしがお能を見始めてから
時々に音色を聞く機会の多いかたがたである。
成田さんにはこの間、「TTR能」でお会いしたので
改めて触れないが
笛の竹市さん、
かっての激しい流れがゆるやかに幅広くなられたし、
エネルギー溢れる広忠さんの大鼓も
抑えが効いて渋くなり
かけ声はすらっと美しくとおる。

どこから見ても満点の舞台に
ひとつだけ言うことがあるとすれば
それは「声」についてである。

味方さんの声はやわらかい。
みやこぶり、と表現すればよいのかしら、
師匠の九郎右衛門さんもそうだが、
声が撓うのである。

源氏物語の中の人物で
この声ににあうのは誰だろう、と
探して行きついたのが「朧月夜」の君だった。
深窓の美しい姫君、やわやわと情深く
源氏の求めを拒まなかったひと。

などと思いをめぐらすことができるのも
見た後の長い余韻である。


演目はすべて源氏物語ゆかりのものだった。
そのなかで、
片山慶次郎さんの「源氏供養」、
古木の梅に咲く花のように
香りただよう舞囃子だった。
もうおひとかた
片山清司さんの仕舞、
鬼と化した六条御息所が
激しく嫉妬に燃える「葵上」。
拍子を踏む音にひそむ女のかなしみが耳にしみた。

第16回 テアトル・ノウ「源氏物語」
平成19年9月30日(日)午後1時30分始
於:京都観世会館

解説:源氏物語と能   味方 健

舞囃子:「源氏供養」  
    片山 慶次郎

仕舞 :半蔀   味方 健
    玉鬘   梅田 邦久
    葵上   片山 清司
    須磨源氏 片山 伸吾

能 :【野宮】
    シテ   味方 玄
    ワキ   福王 和幸
    アイ   茂山 忠三郎

    笛    竹市 学
    小鼓   成田 達志
    大鼓   亀井 広忠

    地頭   片山 清司
    後見   味方 團
         片山 慶次郎

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.05

みやこの子猿…「狂言ござる乃座」

“幸運の女神は後ろ髪しかないから”と
よく言われるが、その髪をつかみ損ねたわたしに
珍しくも降ってきたチケットは
なんと脇正面の最前列だった。
雨模様の日でエアコンが効き寒いくらい。

御所の西隣の金剛能楽堂、ロビーは
関西弁がほとんど聞こえない。
まるでお江戸が京都に引っ越してきたかのようだ。
お能の見所に比べると
若い女性の比率がぐんと高い。
やっぱり萬斎さんだからかな、と納得する。

まずはじめは小舞から
裕基くんには扇が大きく見える。
横顔も体つきも、並んだ萬斎さんにそっくり。
声も大きく、かっちりした舞だ。
次の出番のために控えている萬斎さんの視線が
何度か息子のほうに投げられる。
それがわかるくらい舞台に近い席なのである。

続く萬斎さんの舞は「鉄輪」
舞というよりドラマがあった。
コピー風に表現すると“女の情念”かしらん。
いつも目にする狂言小舞とはかなり違う。
装束が鮮やかな萌黄色の上下、よく似合っている。
やや顔の線が削げた感じがするのは
お年を召されたゆえであろう。
きらびやかさがすこし減じて
落ち着いた雰囲気を感じた。

この日の演目
「靫猿」小書きが替の型

まず登場の万作さん、深田さんの大名の主従
大名の華やかな装いが万作さんによく似合っている。
おおきな靫(よく目立つ)と
鏑矢と弓
太刀を履いて刀を差して。

猿曳きで登場の萬斎さんは
さっきの小舞の時とはうってかわって
まったく狂言方の登場人物の顔である。

間のとりかたに特徴がある。
ゆるめる間が長めな気がする。
大名が猿の皮を呉れ、と無理を言う前半は
緊張をはらんだドラマが展開する。
小猿は愛らしいがもう無心ではない(裕基くん)
きっちりと足をかき頭をかきでんぐりがえる、
みごとに型になっている。

それを操る萬斎さんの手の動きがきれいだ。
何度も見ほれてしまうほどに。
謡いながら
綱をひきながら
引き出物を取る
この三つの仕草がよどみなく繰り返される。

その間、子猿はずっと舞っている。
大丈夫かしらとおもうくらいに長く。
萬斎さんはずっと謡っている。
この部分が長いのが「替の型」なのだとは
後でパンフレットを読んで知ったことだ。


大名が子猿の愛らしさに負けて
大声で泣き出すところがひとつの頂点である。
「うつぼ」の皮を得る代わりに
ちょっかいを出す子猿に目を細め
どんどんと身につけたものを
猿曳きにやってしまい
嬉しそうに猿の真似をする万作さんが愛らしい。
それでいて、控えめなところが
千作さんとは違っている。

「月を見よ」との猿曳きの声に
手を頭にかって横たわって
月見る猿、それを真似る大名。
まことに秋にふさわしい演目である。

子猿の装束付けを間近で見ることができた。
脇正面だから、手を伸ばせば届きそうな距離である。
さらさらと笠をかぶせて衣装を着せる萬斎さん、
この手つきもきれいだ。
笠もかわいいが
ちゃんちゃんこに付いている鈴が
しゃんしゃんと鳴る。これがじつにいい音だ。
猿曳きが腰にさしている
御幣の紙がきわだって白い。

またひとしきり謡があり、終わった瞬間
ひょいと猿曳きは子猿を背負う。
それが話の終わりである。
きっぱりしたあっというまの幕切れ 
この潔さはここちよい。
演者が揚げ幕に消える直前に
穏やかな拍手が鳴る。
そのころあいもとても感じよかった。

外に出るとまだ雨が
「萬斎さんは雨男だから」と口々に
帰るひとたちが言っている。
そうだった、たいてい行きか帰り、どちらか
降られるはめになるのだったっけ。
駅までは徒歩五、六分
折りたたみ傘の列が細長く続いた。

もうひとつの狂言は「文荷」
こちらは万之介さんと石田さんの熟練コンビ
主人役は高野さん。
謡も舞も型がうつくしく
そのうえにほんわりとした笑いどころがあって
文句なしの楽しさ。
よいものを見て元気が出、
お連れになったお隣さんとふたりでお茶を飲み
緩やかで豊かな時間を過ごす。

こんなによい席を譲っていただいて
感謝のしようもないのが心残り。
「ござるの座」は来年もあるそうなので
秋口の気温の変化に弱い、
わたしのからだの折り合いをつけなければなるまい。

2007年9月24日 開演14:00
 於 金剛能楽堂


小舞 「七つ子」 野村 裕基
小舞 「鉄輪」   野村 萬斎

狂言 「文荷」   野村 万之介
           石田 幸雄
           高野 和憲

狂言 「靫猿」  野村 万作
           野村 萬斎
           深田 博治
           野村 裕基         

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »