« 初めての寄席・天満天神繁昌亭 | トップページ | みやまに棲む“もの”…「山姥」 »

2007.11.22

“鋭い”少年マンガ…「犯さん哉」

実際の年齢を知ってたので
古田さんの「中学生役」がおかしくてたまらない。
いちばん最初が“世界の終わり”で
華々しい爆発から劇は始まる。

「ハダカ」あり、とは
見る前からブログなどで知ってはいたが、
ブリーフいっちょの古田さん
肌はつやつやおなかたぷたぷ
以前はその小太りさが嫌いだったのだが
いつからかしら
まったく平気で、キュートだなんて思ってる始末
理由がはっきりしてないけど
すっかりお気に入り役者のひとりだ。

ケラさんの劇のスピードはすごく速い。
どの台詞もギャグで、ついてゆくのが大変だ。
考えていると置いて行かれてしまうので
わからなくてもこだわるのをやめて
次のセリフを追いかける。
あとで同行の娘に聞いてみたら
半分くらい聞き落としていた。
顔や仕草の面白さはすぐにわかるが
言葉に仕込まれている笑いを解読するのは難しい。

とりたてて
はっきりした筋書きがあるわけではない。
おおまかに、中学生時代、
大人になってから、との二部仕立て。

どのひとも生き生きと面白い。
台詞量も、古田さんだけが際だって多いわけじゃないし、
どの部分をとっても見どころ、と言う仕組み。

役の中で一番めだってたのが
山西さん演じる女子中学生…「バケモノ」
顔が大きすぎてバランスが変、
遠近法が狂ってしまいそうである。
いじめられっこのアラタ(古田さん)に
ちょっと惚れてるという設定で
やたらに可愛くはにかむのがまた変でおかしい。

もうひと役演の「ハゲ編集長」
(ドリフのコントに出てくるようなひと)
こちらは年相応の落ち着いたおかしさだった。

大倉孝二の姿がよくてびっくり、
しょぼくれたひとだと思ってたのに、
からだつきが猫科の動物を思わせるしなやかさで目立った。

犬山イヌコ、アラタの母役のときは、いままで聞いた声。
(いわゆるアニメ声)
ところが色っぽい美人編集者になったときは
全然違う大人の声、と使い分けがうまい。


さりげないセリフが後で効いてくる。
ひとつの場面がおかしくて笑っていると
まったく違うつながりにワープするなど
その自在さにびっくりしっぱなしだった。

小道具が秀逸
というか、作り物だとわかっているけどぎょっとするのだ。
あかちゃんの人形や
腸の模型(ずるずる出てくるのが気味悪い)。
そういえば「犬は鎖につなぐべからず」でも
いかにもの犬や鳥が出てきたっけ。

連続コントのようにパカパカと場面が変わる。
上手
中央
下手

手前
右上
五、六カ所で次々に芝居がされるので
今度はどこに役者が登場するのかな、と
視線をあちこちに飛ばす。


何と言っても軸はアラタ
貧乏にも負けず健気で
才能(?)を活かしてゴーストライターになり
ひとりの男を抹殺し(硫酸ぶっかけて)
世界の終わりにただひとり

そしてだあれもいなくなり…

と思ったら
怪魚からぬるぬるした体で復活する。

もうこのころには
わけがわからなくてもいいや、と思って笑っていた。


とびきりのおまけは
三回あったカーテンコールの最後に
作者のケラさんが登場したこと。
植木鉢のオリヅルランみたいな髪型で
しかも金色のメッシュ入りだ。
はにかんだ風情がとてもかわいい。

また何人か新しい役者さんたちとであった。
生で舞台を観る楽しみはこれかなあ。

☆☆☆☆
2007年11月1日(木)
シアター・ドラマシティ
「犯さん哉」
作・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
音楽:斉藤ネコ

キャスト
古田 新太…アラタ
八十田勇一…ユウイチ・主治医他
姜 暢雄…星くん・覗く女他
犬山 イヌコ…アラタの母・女性編集者他
中越 典子…ノリコ他
山西 惇…バケモノ・編集長・まむし他
大倉 孝二…コウジ・少年院の看守他
入江 雅人…マサト・長髪の編集者他

|

« 初めての寄席・天満天神繁昌亭 | トップページ | みやまに棲む“もの”…「山姥」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78456/17151908

この記事へのトラックバック一覧です: “鋭い”少年マンガ…「犯さん哉」:

« 初めての寄席・天満天神繁昌亭 | トップページ | みやまに棲む“もの”…「山姥」 »