« ひともとの桜に惹かれ | トップページ | 「どん底」…罪なのは、うそ?まこと? »

2008.04.14

花の道をとおって…「ミー&マイガール」

宝塚は遠かった。
乗り換えや乗り継ぎは、隣県のこととて
何の不安もないが、
梅田から三十分、のうたい文句
その梅田に着くまでの時間が必要だからだ。

中山寺、売布(めふ)神社、清荒神
こんどは社寺めぐりに来なあかんわ、と言うほど
神社やお寺が駅名である。
小豆色の阪急電車は始発では快速急行だったが
ここまで来ると各駅停車。
いちいち律儀に止まる。

桜はそこそこに咲き始め、
風は強いが散る気配はない。

終点の宝塚駅で降りても、迷わずに済んだ。
それらしい人たちの後をついていくとモールに。
出たところが「花のみち」の入り口、
あとはまっすぐ歩くと大劇場だった。

入ってからもかなり歩く。
客席の入り口前のロビーのあちこちに
お弁当引換所がある。
わたしも予約券と交換する。
(「生協の方はこちら」と立て札が)


さて…どこで食べよう。


中庭には椅子とテーブル
お天気ならよかったのだが
この日は時雨がちで寒い。
でも、まだこの劇場に慣れていないので
結局そこで松花堂風弁当を食べる。(お茶つき)

次は途中でサンドイッチかおにぎりを買おう。
レストランの予約も受け付けていて
休憩時間に食事することも可能らしい。
※ また休憩時間なら客席で食べてもかまわないのだった。
  かなりの人がそうしていた。 気楽でよいなあ。
 


「大」劇場というが意外にこじんまりしている。
取れた席は真ん中よりやや後ろで、上手の壁際だった。
インターネットで調べたときは
見にくいだろうな、とがっかりした。
ところが傾斜の具合が絶妙で
オペラグラスを使うとくっきりと舞台が見える。

オーケストラピットより客席側に
半円形に一本の道がとおっていて
これを「銀橋」というそうだ。
フィナーレではそこにスターが並ぶのだそうだ。
幕が上がってオーケストラが演奏をはじめ
やっぱり生の音はすてきだった。

今月の舞台は
「ミー&マイガール」
軽やかな恋愛もの。
職場の同僚の熱心な宝塚ファンに
むかしの公演ビデオを貸してもらって
予習済みなのである。
(天海祐希主演のものを)

ほとんど全部と言っていいくらい女性客。
年齢層もめちゃくちゃ幅広い
母娘連れが目立った。


やや小柄に見えるが親しみやすい感じの
男役トップは瀬奈じゅん。
この公演で退団の彩野かなみ(娘役トップ)の
すらりとした足がきれい。

“イギリスのある伯爵家、家を守る伯爵夫人
やっと跡継ぎの青年がみつかるという知らせに
家中がうきうき。
ところが現れた彼は、ロンドンの下町育ちで
行儀は悪いは、同じ階層の婚約者はいるはで
貴族連中大あわて。

何とか伯爵らしくさせようと、夫人は二人の仲を裂く。
自分が居ると彼の迷惑になる、と悩む娘は身を引く。
でも青年は彼女を忘れられず…

いっぽう伯爵夫人は彼に「すてきなレディを紹介する」と言う。
現れたのは、すっかり上流階級の作法を身につけた彼女。
夫人の粋なはからいで、ハッピーエンド。

この恋にからむのが、夫人の甥と姪の恋模様や
夫人を想い続ける旧友や弁護士。
召使いの群舞、クリケットをする貴族たち、など
解りやすい歌と踊り、群舞で綴る二時間半”

年配の役を演じるのは「専科」のスターで
貫禄が一回り違う感じを受けた。

化粧は濃くて、どのひともお人形のように見える。
見ている間にだんだん慣れて、
顔立ちの見分けがつくようになってきた。
あとは声で聞き分けたりする。
(トップを間違える事なないけど)

その他おおぜい、の中に
お気に入りのひとを見つけて応援するのが、
「ヅカのファン」のならいだそうだ。
なのでわたしもオペラグラスを手から離さず、
右から左へまた右へ、と
舞台に立っているひとたちを熱心に眺めた。


この春はじめての舞台にたつ
新人たちの口上があった。
男役はショートカット、娘役は長い髪、
全員のラインダンスは、白と赤の羽根つけて登場。
一斉に足があがり「YA!」とかけ声がかかる。
まぶたがふと熱くなる。
いいなあ、若いって、と。
応援したくなるのがよくわかる。
これと似た気持ち、夏の甲子園をみている時だ。
その懸命さに、やっぱり切なくなる。


たっぷりした幕間のあとの、二幕目は早々と終わる。
いよいよのフィナーレ、電飾の輝く大階段を
次々と出演者が降りてくる。
トップは階段の途中でダンスまで披露する。
さすが。

三番手、二番手、トップ、と順番に登場する。
ライトは常にトップの男女に当たっている。
これって、洋風に見えるけど、伝統芸能なんじゃない。


しかし家からはあまりに遠い。
往復に六時間弱かかった。
これなら東京まで行って帰って来れる。
チケット代とパンフレットはとても安いのがいいけど。

もう少し楽な方法を尋ねた。
ずっとJRで行けば、よかったのだ。
阪急の駅の後ろ側にJRの駅があるらしい。
せめて、あと三十分短縮できれば、
気軽に楽しめるもの。

2008年4月15日 午前11時開演
宝塚大劇場  月組公演
   「ミー&マイガール」

キャスト

ウィリアム・スナイブスン  瀬奈 じゅん
サリー・スミス        彩乃 かなみ
ジョン・トレメイン卿      霧矢 大夢   
パーチェスター(弁護士)  未沙 のえる   
マリア公爵夫人       出雲 綾      
ジェラルド(夫人の甥)    遼河 はるひ
ヘザーセット(執事)     越乃 リュウ
果物売りの男        青樹 泉         
ランベス・キング       桐生 園加
ジャクリーン(夫人の姪)  明日美りお   

  月組80名 初舞台生 44名 専科1名

|

« ひともとの桜に惹かれ | トップページ | 「どん底」…罪なのは、うそ?まこと? »

コメント

私も先日、初宝塚してきました。男役の人の立ち姿が、片足まげて、片足伸ばしてと、普通の男でもしない格好が妙に型ができていて可笑しかったです。
でも、レビューはすごいわね。圧倒されました。友人は癒されるといいます。うーん、もういいかも、私は。

投稿: ginsuisen | 2008.04.25 00:30


かー!!!!!金持ちビ ッ チまじでGJすぎwwwwwww
http://kami.nyanyanyan.com/cr9wkin/
あっさり股開くわ財布のヒモゆるゆるだわ何じゃこりゃ(^^;
諭 吉なんか紙切れにしか思ってないんだろな・・・・
まー俺がパチで有効活用してやっから安心しろよなwwwwwwww

投稿: GJ!!!!!! | 2009.12.02 13:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78456/40877673

この記事へのトラックバック一覧です: 花の道をとおって…「ミー&マイガール」:

« ひともとの桜に惹かれ | トップページ | 「どん底」…罪なのは、うそ?まこと? »