« 「どん底」…罪なのは、うそ?まこと? | トップページ | 続けて春團治師匠を聴く »

2008.05.16

花の鏡となる水は…「桜川」

花見時に花が見られず
残念な思いをした

とくにわが町は観光地であるので
春に出歩くのはとても体力がいる
それならいっそよそへ行こう、と
この間は山あいのさくらを訪ねた

そして今度は舞台の上のさくらを見ようと
西に向いて汽車に乗った。
意外に、神戸より西に行くことは少ない。
(わたしはほとんど旅をしないので)
新幹線ひかりも大阪からはひかりレールスターとなる

海沿いを行くといいのに
効率のせいかトンネルばかり
時々左手に光るものが見えるけれど

一度来たことがあるので
おおまかに駅からの道はわかるが
念のためタクシーに乗る。

開場してかなりたつのに
門前も受付も人が多かった。
まず座席確保に二階へ上る。
脇正面に座ってみたが
まわりに人が座ると動きにくいかな、と
中正面に移動する。
席の数が少ないのでどこからでも
間近に見られるのがありがたい。

きょうの目当ては「桜川」
シテは大島衣恵さん
輝久さんのシテか衣恵さんのシテを見たかったのだ。
外からの明かりが柔らかく入ってくるこの能楽堂、
舞台の床は磨き抜かれて
ひとの姿が映る
舞台の高さが低めなのも見やすい仕掛けのひとつだ

解説が珍しいことに笛方の帆足さんだった。
お話を聞くのははじめてである。

笛を奏でながら見る舞台は、
わたしたちとはまったく違うことがわかる。
なにせ、舞の背中を見ているのだから。


前場がたいそう短い。
橋がかりに出たシテは、
我が子の手紙を読むとすぐ
悲嘆にくれつつ
後を追って旅に出る。
鬱金と緑の装束で
若さが匂い立つような母である。
低めな声が聞きやすい。

次に見るのは広々とした境内で
可愛い子供を連れた僧がゆっくりと歩いてくる。
咲き誇る桜を愛でながら、
ゆったりと花の下に座をしめる。
子供はつっととその傍に座る。
お人形のように愛らしい。

里人にいざなわれて登場する後シテ
網を持ち、小走りに舞台に走り込み
ワキの僧と問答をする。
きりっとして洗練された受け答え。

クセの舞はひたすらに美しい。
川に散りこむ花びらを掬うすがた、
ひたむきなその横顔は
やつれてはいてもやっぱり若さがにじむ。
一面の花に囲まれて舞っていても、
我が子恋しや、とふと覚める
しんみりとかき口説くさまに風情がある。


大島能楽堂は響きがとてもよい。
笛は散り舞う花のように鳴り、
やわらかな小鼓の音色、すっきりと通る大鼓、
お囃子がひとつになって
目からも耳からもたっぷりお能に浸る。

舞台では、母と子が出会い、抱き合い
喜びのうちに故郷に帰る。
うれしいハッピーエンドだ。

観ているこちらもほっと息を吐く。
世知辛くて悲惨なことのほうが多い昨今、
せめて舞台のうえでは
不思議な時空のなかで、夢をみたいから。

ここの雰囲気は暖かくて行き届いていて大好きだ。
休憩時間はギャラリーへ。
後でゆっくり見たかったが、終演時刻が延びて
あわただしく駅まで小走り。


いつか「鞆の浦」にも行けますように。

※狂言は「清水」
茂山千五郎家の兄弟が出演
能楽堂の外まで聞こえそうな声、
呼吸はぴったり合っていてさすがなものだった。
つい、ひいきの茂さんのほうを多めにみてしまう。

平成20年 第二回大島能楽堂定期公演
      4月20日(日)12:30始

能「桜川」

シテ(桜子の母)   大島 衣恵
ワキ(磯辺寺の住職) 森本 幸治
ワキツレ(里人)     広谷 和夫
ワキツレ(人商人)   江崎 敬三

笛            帆足 正規
小鼓           竹村 英雄
大鼓           守家 由訓

狂言「清水」
太郎冠者        茂山 正邦
主人           茂山 茂

|

« 「どん底」…罪なのは、うそ?まこと? | トップページ | 続けて春團治師匠を聴く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78456/41223242

この記事へのトラックバック一覧です: 花の鏡となる水は…「桜川」:

« 「どん底」…罪なのは、うそ?まこと? | トップページ | 続けて春團治師匠を聴く »