2006.08.18

夏の無料催し…片山家装束展

片山家の虫干しに合わせ毎年、
京都文化博物館で装束展が行われる。
去年も一昨年も、暑さと仕事で
行けなかった。
今年の日程は平日なのでちょうどいい。

十周年とチラシにあった。
テレビで「井上八千代」さんの舞をビデオ放映している。
いつも舞妓さんの稽古始めのときに
うなずきながら座っていた先代の舞台である。

ひろい和室二間を一続きにして、
唐織、水衣、長絹、狩衣、
並んでいる装束は三十数点。
遠目にはけっこう地味に見える。

「手を触れる」のは禁止だが
いくら目を近づけても構わない。
目が悪い私にとってこんなに嬉しいことはない。
じっくりと、ひとつひとつの模様を丹念にみる。

わりに早く着いたので、まだ人は少くてどの展示も
すぐ近くで見られた。
扇も鬘帯も、「こんなふうになっているのか」と
細かな部分の柄や細工に改めて感心する。

前日の「都の芸能」で、味方玄さんが
ざっと能装束と面についてしてくださった解説が
とても役に立った。

一隅が面のコーナーになっていて、
着けてみてもよいらしい。
壁面にかえられているのは「女面」がほとんどだ。
リクエストが多かったので、と解説のかたがおっしゃる。
もし去年なら、「それはよかった」と喜ぶところだが、
最近は、“老人のや、神様の”面にも
興味があるので、ほんの少しだけ残念だ。

どの面もひとつとして同じではない。
「寸法が決まっています」とのことだが
目元口元、ほほのあたりなどで、
同じ「若い女の面」でも可愛かったり色っぽかったりで、
作者によっても時代によっても
これほど違うものか、と
改めて不思議を感じた。

気に入ったのは「万媚」
増の端正な美しさや、小面のかわいさもよいが
切れ長の目尻に、何ともいえない笑みが
漂っていて懐かしい感じがする。

面の解説が終わると、引き続き
そのマイクを持って片山九郎右衛門さんが
一点づつ装束の解説をしてくださった。

「これは、いついつ、何をしたときに使いました」
とか「こういう装束は何々のときに付けます」
などと演目を教えてくださるので、
見たことのある曲の記憶と重ねると、
よりより味わい深く感じる。

ご当主は思っていた以上に小柄であられる。
つややかな張りのある声と歩み、
それがとても愛らしい。
小柄だからこそ着られる装束があるそうで
(にっこり笑って「わたししか 着られませんのです」
とやや得意げにおっしゃるのだ。)
特に古いものは、おしなべてみな小さいようだ。

新しいもの(写し)か古いものかは
私の目では分からないが、
「古いものは古いものと合わせます」
とおっしゃる。
わたしがぱっと見て気に入ったのは
「蜻蛉」のもようの長絹。
幾何学的にきっちりと向かい合わせに並んでいる蜻蛉たち。
「目は「金」のと「銀」のとあります」と聞いて
あとでもういちど見に行って納得する。

ほくほくして帰ろうとすると、
受付のところに、片山清司さんがおいでだった。
白い着物に薄藍の袴。
まるで絵の中の人のような美しさ。
頭を下げるのがやっとだった。

華やかな扇が映っているシールを記念に買う。
プリクラ風な手作り感がいい。
書籍もたくさん並んでいたが、
予算不足で今回は見送る。

文化博物館は立地も街中で
交通の便もよい。
比較的歴史は新しいが、
土産物のある一階は、
「京都」らしくしつらえてある。
地元民だからふだんはのぞかないのだけど、
満ち足りた気分の続きで、つい、和紙の店に入り
「源氏物語一筆箋」(玉鬘)を買う。
ちょっと観光客気分が楽しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.08

夏の無料講座…講演と半能

すっかり梅雨が明けて、さあこれからは
傘を持たずにどこへでも、と晴れ晴れした気分になる。
ところが、
急なカンカン照りで、
出かけたはよいが、ペットボトルを忘れて、
二本も買う羽目に。

八月一日(火)「都の芸能」
地下鉄の中吊りでみて、これは面白そう、
と記憶しておいたら
友人から誘いがあって即決定、
早いほうが席取りすることになった。

『能「井筒」についての講義と実演』
場所は花園大学で
私の家からはかなり遠いが、
バスを乗り継いで、なんとか行きついた。
ごく地味なキャンパス。
大講堂が会場だった。
窓からは、双ケ丘と愛宕山がみえる。

講師は神戸女子大学の大谷節子先生だった。
ほっそりした中年(といってもまだ四十代)のかたである。
友人が二列目を確保してくれいて
やや左隅だが、かえって真ん中より気楽に
講義が聞けるし舞台も見られる、よい位置だった。

“中世の芸能を学問的に捉える”
かなり高度で難しい演題で、手元に配られた「井筒」の詞章を
睨みながら耳を傾ける。

伊勢物語なんて、高校の時以来だ。
業平のことはその時習った三段くらいしか知らない。
学生時代に戻った気分で、メモを取ってみる。
でも、ぼんやりとしかわからない。


講義終了後、
装束付けの実演、
そのあと「井筒」の半能という予定だ。

解説に登場されたのは、味方玄さんだった。
広告に名があったのは、
弟の味方團さんだから、
玄さんがいらっしゃっても不思議はない。

七月は立て続けに玄さんの舞台を拝見したので、
声も顔も姿もすっかりおなじみである。

同じ観世流のシテ方の田茂井さんと
お二人で、團さんに装束をつけてゆかれる。
その手速いこと、解説もしながらだから、
魔法のようだ、と驚く。

下着から小袖、唐織と進み、面もかけて
前シテの里女ができあがる。
皆、ほぉーと息をのんで見ている。
團さんは長身で姿がよい。
初々しくて、すっきりとした立ち姿だった。

カメラは装束付けの間だけは許可が出た。
あちこちでフラッシュが光る。
私も席から何枚か撮ってみた。

とっくりと拝見したのち、
すぐに唐織を脱いで、後シテの装束に着替えをされる。
「業平」の形見(紫色の長絹)をつけ、
武官の装いに変わる。
上巳の節句の五人囃子のように、
冠と追掛とつけ太刀を履く。
それもやはりあっという間だった。

長絹は、お父上(味方健さん)が
むかしに「井筒」を舞われたときのものだそうで
やや色褪せているがその古びがしっとりと美しかった。

囃子方は、京都の若手の方々で
地謡は玄さんと田茂井さんである。
着替えたシテが舞い始める。
若々しく愛らしい舞ぶりで、
作り物の井戸を見込むところも清らかだった。
舞台の奥行きが足りないので
前後の動きがすこうしぎごちない感がある。
客席はとても静か、
終わったときは拍手が一斉に湧いた。

「綺麗ねえ」「すごいねえ」との声しきり。
後半部分だけだけど、問答も舞もあって、
短くはしてあったが、省いてないのがよかった。

お能は「面」と「装束」、お囃子が必要だから
どこでも気軽に、というわけにはいかないだろうが、
こんな風に近くで見られたら、
きっと、また行ってもいいな、と思うが増えるだろうな。

「いい催しがあったら教えてね」と
帰り道で友人が言う。
ほらね、嬉しいなあ。

2006年8月1日(火)午後2時40分より
 「都の芸能」…半能『井筒』 於 花園大学

シテ 味方 團
笛  森田 保美
小鼓 吉坂 一郎
大鼓 河村 大

地謡:装束付 味方 玄  田茂井 廣道

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.22

江戸に誘惑されて

今年の春は雨が多く、
すっきり晴れたのはゴールデンウィークくらいだった。
出かける前にはお天気を調べるが、
それでも不安で、傘を持ち歩くクセがついた。

知人から誘いがあり、
本日(十八日)は神戸まで「江戸の誘惑」展を見に出かけた。
これ、新聞で見たよな、と思ったら、
家でとっているA新聞が共催だった。
ついたのは昼過ぎ、入場券売り場に列ができていてびっくりした。
客は中高年が圧倒的で、やっぱり女性のほうが多い。

この神戸市立博物館は四階建てで、各フロアはそれほど広くない。
展示は上から下に階を下りつつみるようになっている。
まだ足が大丈夫だからよいが、
段差が高いので高齢者にはちょっとつらかろう。

「肉筆浮世絵」というものがあるのは知っていた。
だが、版画の作者がちょいちょいと描いたのだろう、などと
無責任な想像をしていたので、
それほど乗り気なわけではなかった。
知人が、「ボストン美術館の、ビゲローコレクションて
ゆうんやて」と知らせてくれて、思い出した。

かなり以前、NHKでビゲローコレクションの
「仏像」の紹介をみたことがある。
ビゲロー氏のこともその中で語られていた。
とても日本が好きで、雲水の修行もしたという。
いちずな彼の生き方を見て、
「こんなによその国に心を捧げたひともいるのだな」
と思った。
ボストン美術館の「日本館」はテレビでみてさえ
すばらしく美しく、行ってみたくなった。

話を戻して今回の「浮世絵」のこと。
どの絵も、色あいがあざやかだった。
江戸時代のものだから褪色していないのは当然としても、
保存もよかったのだろうな。

浮世絵(版画)の展覧会には行ったことがある。
展示の数が多すぎて、疲れてしまった記憶がある。
それはかなり前のことで、作者も少数しか知らなかった時だ。
このごろは「ひらがな日本美術史」のおかげで
名前を知っている画家が増えた。

違いまでしっかり見分けられたのは、ゆっくり並んで
一番前で見たからでもあった。
美人画なら、髪型や立ち方が、はっきりちがう。
同じような題材で、構図が似ていても、
眉や目も違う。
顔を思い切り近づけて見ていたので、見終えるまでに
けっこう時間はかかった。

中で興味を惹かれたのは「見立て絵」である。
「石橋」「江口」「松風村雨」など
お能を素材にして、「美人」が描かれている。

たとえば「石橋」なら
すこぶるの美人が獅子に乗っている。
まわりに咲いているのは牡丹の花だ。
獅子と牡丹、これで「石橋」と見る人にちゃんとわかるのだ。

(「唐獅子牡丹」は「石橋」から取られた模様だとは、
まったく気がつかなかった。知っていたのは“東映任侠映画”の
主題歌、だということだけ)


まっすぐに、ばしっと目に飛び込んできた絵の作者は
葛飾北斎。
勢いのある筆の線は一度みたら忘れられないものがある。
なんとはなしにおかしみのある絵も含めて、
どれも、勢いがすごい。
浮世絵の版画で見たときはそれほどどうってことなかった。
教科書に出ている有名人の「絵」って
意外にしっかり観ないもんだ。
知っていると思いこんでしまうからだろう。

この絵たちとははじめてであう。
「幟」に描かれた鍾馗さま。
大きな旗だから絵も大きい。
「わあい」と声をあげて駆け寄りたくなるような
楽しさがある。とくに目つきが、いい。
同じ目を龍も、唐獅子も、猪も持っている。
目が登場しない一枚は
滝の前に立っている男の絵。
丸太が並んでいるような滝と、
背中に赤ん坊を背負っている男のまるっこい体型、
笠もまんまる。
現代のイラストだと言われても納得しそう。

そのほかに、
すらっとした肢体がさわやかな豊国描く美人たち、
ぽってりと魅力的な女は歌麿、
いかにも莫連ぽい英泉の年増芸妓

やや時代を遡って、鈴木春信、鳥居清長などなど。

いいものをたくさんみた帰り道は、
気持ちのとげが収まって、
まるくほこほこと幸せだった。
せっかくの神戸だから、と南京町に寄って、
ここでも列に並んで二十分、名物の肉まんにありつく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.23

「観世宗家幽玄の美」

kousetu2kousetu1

香雪美術館は阪急御影駅徒歩5分。
住宅地の中、こじんまりした建物。
隣には「弓弦破」神社。

このあたりは、ひろびろと空がひらけていて明るい。
道は山に向かって上り坂。
ケーキ屋があったりブティックがあったり、
知らない土地を歩くのは楽しい。

京都にもこのくらいの規模の美術館がある。
いずれも出発は個人所蔵のものらしい。

ここは朝日新聞社主の所蔵品を集めたところ。
とっつきにあった銅像と説明はちゃんと読まなかった。
(後で反省)

さして広くない二階建て。
一階には、能舞台の作り物がミニチュアで並げてあり
可愛くて、思わず惹きつけられる。

特別展示の中心は二階。
古文書2点
能面7点

装束9点
鬘帯、腰帯、中啓

小物類と舞台写真(「松浦作用姫」「箱崎」)

夕方だったので人は少なく、若い娘さんに
説明している中年紳氏の声がずっと聞こえている。

どの展示も良かったが
なにより驚いたのは「面」
とくに女性の面の「泥眼」は
艶やかでひややかで、
「こんなうつくしいものをかけて舞ってはるんや!」と
しみじみ観た。
魅入られるような、静かに深い沈黙があった。

もう一点は「慈童」
ただの子供の笑みではなく、
この世のものならぬところで微笑んでいる。
年齢不詳の不気味ともいえる愛らしさ。

扇(中啓)は勝修羅と負修羅が並んでいて
どちらも使い込んだものであるのがいっそう興味深い。
昔のものがまだ充分使われていてしかも
彩色がややあせた所さえも趣がある。

装束では、「写し」として新しく復刻したものを
元のものと並べて展示してあった。
くっきりと明るい色合い。
昔はこんなに鮮やかだったのか!
(「紅白段市松御所車文様唐織」)

と見る気持の後から、
どうして古いもののほうが懐かしく思えるのだろう?と
疑問が。

そうか、古いものには、着た人や観た人のなにかが
纏わりついて、ずーっと長い年月を経てきたのだ。
だから、見ている私はその装束に降り積もった年月も
ともに見ているのだな、と納得したのは

外へ出て、神社の境内で休んだときだった。
ここも、古びたお社で、大きな木が天まで伸びていて
いかにも古い時代を感じさせる。
本殿は修理中。
まだまだここに神は住まいせられるそうな。

(おまけ)
舞台写真、面の写真等があったが、どれも素晴らしく綺麗。
どなたの写真か確かめなかったのがまたしても残念。

実物のほうが美しいのは言うまでもないが、
写真にさえ表われる魅力って?とまたはてなが増えた。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.03.14

伊藤若冲展

おおがかりな特別展ではなくて、ほんの2、3室を
使っただけの展覧会。

京都国立博物館、三十三間堂向かい。
東山を背に負うて、
門から入ると広々した芝生、噴水、紅梅白梅。

昔の洋風建築がずいぶん落ちついて、そのうち
文化財になるのでは?(なってるかも)
入口にあるCafeは、ガラス張りで、ここだけ今風。

平常展示館は「特別」よりもちっと地味な建物。
エスカレーターはないし…
落ち着いて冷え冷えした空気なのは天井が高いからか。

若冲得意の「鶏」を描いた作品、何点があったが、
鳥類の眼の怖さが発揮されている彩色のものは
少なかった。

イラストのように可愛い楕円形で表された鶏の後姿。
墨絵だと筆跡もうすずみで美しく、
竹の葉は大胆に黒々と描かれて、主題はどっち?と思ってしまう。

「描きたいものを自由に」描いた彼らしく、
大きな屏風は、近景と遠景しかなくて
まんなかは霧か朧か、
点描のような玉垣。
堂々と主張している山なみ。

ゆっくり歩きながら観ていると、
呼吸も緩やかになってきて、「けっこうなもんやなぁ」で
すいすいと部屋から部屋へ。
ながいこと、ガラスの中を見つめていたのに、

なにほどの時間も経っていないのだった。
一番気に入ったのは、「犬百態」
可愛い唐子のような仔犬が、たくさん!!

たくさん居る、ことで圧倒されることはない。
それぞれの姿態は微妙に違う。この絵の前に椅子を置き
一匹づつしげしげと眺めてみたいものだ。

楽しんだあとは他の展示室に回る。
「宸翰」と「刀」を見る。
刀は神社に奉納されたものなどで、
名は知らないが土地は知っている。

芸術品としての「刀」!
ほれぼれする輝き。
たしかに、人を傷つける道具とは思えないくらい
高貴な雰囲気がする。
(能の「小鍛治」をみてみたいと思う)

天皇の手跡である「宸翰」
(高倉・後鳥羽・後嵯峨・後深草・後宇多・伏見・
後伏見・花園・後二条・後醍醐)
後のオンバレード(笑)

「平家」の時代から「鎌倉」及び南北朝のはじめまで。
崩し字は読めない。これが難だが、
一人一人、字の持ち味が違うのが見て面白い。

全体を見渡すと、字の濃淡が、絵のようにみえてくるから
不思議だ。
仁和寺や大覚寺。生まれ在所に近い寺々の名。
消息が書かれた時代、子供の時の記憶、最近の
観光地としての寺のありさま。

二重三重におもいがかさなる。
「流れ出た宸翰=その需要と供給」
こんな講座の案内も。
仕事でなければ行ってみたい。
これらの手紙はどんなわけがあって流れ出て、誰が、
なんのためにそれを求めたのだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)